2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.01.11 (Tue)

弦楽四重奏を楽しむ昼下がり

すっかり更新が遅くなってしまいましたが
10日の祝日は、弦楽四重奏を聴きに行ってきましたー♪(^o^)

実は、去年のミングルクリスマス会の時に
隣の席だった Mさんに誘われていまして…
何でも、毎年 Mさんご一家の経営なさっている自動車の塗装工場に
kaoさんの在籍している イリス弦楽四重奏団がいらして
ガレージ内で演奏をする…とのこと!
チケットも人気で、すぐに完売の勢いとのことだったので
年末にメールをして、旦那と2枚分を予約してあったのでした

それにしても、ガレージ内での演奏って 一体どういう場所なのかな?!と
期待に胸を躍らせ、非常に楽しみにしていたのでした♪

そんなわけで、当日は 11時頃には家を出発!
旦那の車に 最新式のカーナビが設置されてから、初の遠出だったので
コイツの性能は如何なものか?!という楽しみもあり(笑)
カーナビをいじりながら、いちいち感動しているうちに
あっという間に 目的の地へ到着
しかし、降りた高速道路の出口付近には アウトレットモールがあり
予想に反して、道が大渋滞!(@_@)
ちょっとだけ、予定より遅くなってしまったのでした…
でも、富士山も良く見えて なかなか快適なドライブだったな!(^_^)

会場となるガレージの駐車場に着くと、Mお父さんがお客さんを誘導、案内していて
受付には Mさんがいらっしゃいました
ご挨拶して中にはいると、すでに たくさんのお客さんが!

  ガレージ内は、工具などが そのまま置いてありましたが
  ちゃんと舞台が作られていて、
  客席も60席くらいありました

  自由席とのことだったので、良く見えるように
  前の方の席に座ったら
  すぐそばに、ロウバイの鉢が置いてあり
  すごく良い香りがしていました♪

  


  道路側の壁は、
  一面 車を出し入れするための扉になっていて
  窓が大きく作られているため
  ガラス張りの部屋のように、
  外からの光が たくさん入ってきていました
  そのため、天井が高くても 暖かかったです


そうこうしているうちに時間になり、
まずは Mお父さんより 非常口の案内やら 注意事項やら
協力してくれた方への御礼など挨拶がありましたが
手に持っているメモが、封筒の裏だったりして(笑) 早くも アットホームさ満載(*^_^*)
演奏者も観客も 笑顔でコンサートがスタートしました

  演奏中の写真は無いため
  コンサートのチラシで 雰囲気だけでも
  伝わるといいのですが(笑)

  まずは、弦楽四重奏版「愛の挨拶」

  ヴァイオリン単独よりも音色が柔らかく、
  優しさが4倍になったような感じ(笑)
  はあ~ やっぱり良い曲だな~♪


次は、弦楽四重奏で聴く アメリカンな世界 その1
「ルロイ・アンダーソンの世界」というテーマで
親しみやすい軽音楽を弦楽四重奏で演奏してくださいました
  タイプライター
  サンドペーパー・バレエ
  忘れ去られた夢
  ワルツィング・キャット
  プリンク・プランク・プルンク

この人の曲は、「タイプライター」みたいに 色んな道具を演奏に使っていたりして
とてもユニークなのですが
ここでは道具を使わず、楽器だけで 色んな音を表現していました
また、「サンドペーパーバレエ」では
紙ヤスリの代わりに 舞台の床を靴底でこすったり
「ワルツィングキャット」では、ビオラの方が犬の鳴き真似をするなど(笑)
面白い演出がたくさんあり、みんな楽しみながら聴いていましたよ!

その次は、弦楽四重奏で聴く アメリカンな世界 その2
「ミュージカルへの発展」ということで
ミュージカル曲としてお馴染みの曲を、しっとり聴かせていただきました
  美女と野獣(美女と野獣より)
  マリア(ウエストサイド・ストーリーより)
  トゥナイト(ウエストサイド・ストーリーより)
  ガーシュイン・メドレー(クレイジー・フォー・ユーより)

曲の合間には kaoさんによる解説もあり、終始 分かりやすく
こういう場では 寝てしまいがちな旦那も、しっかり目を覚ましていました(笑) 奇跡…!

こうして 前半が終了し、休憩時間に(^o^)
休憩時間では、セルフサービスでお茶を飲みながら 皆さん談笑していましたが
私は何だか不思議な感じでした
場所はガレージなのですが、外からの日差しも暖かく ホンワカした空気の中
音楽を楽しみながら お茶を飲み、談笑する人たち…
何だかここが、遥か昔のサロンみたいに思えてきました
演奏者の皆さんも おっしゃっていましたが
これが 室内楽の原点 なのかもなぁ…
大きなホールとは また違う、贅沢な空間だなと思いました

そして 後半には、大宮弘正さん作曲の 「翔び立とう」 を弦楽四重奏版で
この曲は 音楽の教科書にも載っているそうですが
なんと、作曲した ご本人が 会場にいらしていました!(@_@)
おおお、作曲家の方に会うのなんて初めてー!(笑)

そして、本日のメイン・・・
ドビュッシー 「弦楽四重奏曲 ト短調 作品10」

正直、ドビュッシーの曲は難しいなぁと思っていましたが
kaoさん解説によると、
ドビュッシーは新しい音階を生み出したスゴイ人!ってことなので
(半音が無く、全てが全音の音階だそうです)
分からないなりに 一生懸命 聴いてみました! …が、難しい!(笑)
私的には、第3楽章が 綺麗な旋律で良かったな~
 → ちなみに こういう曲(ゆーちゅーぶ動画)

そしてアンコールは、ドビュッシー 「夢」
ピアノ曲として聴いたことがあったと思いましたが
弦だと、また違った雰囲気に聴こえました

最後に 美しい弦楽四重奏の調べにのせて
みんなで 「今日の日はさようなら」 を合唱♪
更に最後に、アンコールその2もあり(笑)
盛りだくさんな内容で コンサートは終了いたしました!!
いやぁ~、とにかく みんな笑顔で聴いていて 演奏者の方々も笑顔で
最初から最後まで、暖かい雰囲気のコンサートでしたっ

お客さんが一斉に帰っていき、演奏者の皆さんも片づけなど忙しそうだったので
一言 ご挨拶だけして帰ろうと思っていたら
Mさんに、「写真撮っていきませんか?!」と声をかけていただき
恐れ多くも、カルテットの皆さんと記念撮影させていただきました…!(@_@)
ありがとうございますー! すごい嬉しかったです!!(涙)

その後、手の空いている うちの旦那が 撮影を次々と頼まれ
皆さんの大切な思い出写真を 旦那の腕に任せるという、
ハラハラドキドキな展開になったりもしましたが(笑)
無事、記念撮影会も終了し kaoさんにも ご挨拶できたのでした
今日の楽器は、いつもライブで使ってる楽器とは違うんだよ~なんて裏話も聞け
このあとの打ち上げにも誘っていただいたのですが
私たちは、翌日 仕事を控えている身…
最初から 早めの帰宅を予定していたため
嬉しいお誘いではありましたが、ここで帰ることにいたしました(T_T)
皆様、本当にお疲れ様でした~! また、次回!!

こうして、帰路に着いた私たち・・・
家に着いた頃には すっかりいい時間になってしまっていたので
ご飯を食べたあと、すぐに寝てしまったのでした(^_^;)
でも、楽しい時間だったな~
そして やっぱり 弦楽四重奏はいい♪ 
スポンサーサイト
EDIT  |  23:57  |  ヴァイオリン関係  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。