2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.07.23 (Sat)

LESSON145

昨日は 職場の飲み会でした
長年お世話になった部長の送別会も兼ねていたので
結構 帰りが遅くなってしまった… ねむい…

そんな感じで迎えた レッスン日
練習不足? そんなの当たり前じゃん!!
…というわけで、またもや 朝から 直前練習です(笑)
先週の反省が 全く活きてない…
録音でもして やる気を出そうと思いましたが
あまりの音程の悪さに、逆に やる気を失うという悪循環
こんな出来でレッスンに行って、無事 生きて帰ってこられるといいけど… ←え

しかし 冗談ではなく、そんな気分にさせられるような出来事が
まさに 教室では起こっていました・・・

教室に入ると、前の時間の男の子が ドッペルを習っていたのですが
帰り際に いきなり 「ちょっと、アーモール弾いてみなさい」 と抜き打ちテスト!
案の定、男の子は すっかり忘れてしまっていて 弾けなかったため
先生は 怒髪天を衝く勢いで お怒りになり…
(どのくらいのお怒り具合だったかは想像にお任せします…ブルブル)
「次回、アーモールを弾けなかったら もうドッペルは教えないよ!!
 他の子は みんな 今の時期、前の曲は完璧に弾けるようになってるんだから…」
ああああ 私も今 抜き打ちテスト出されたら 弾けねえ…!
そばで聞きながら、自分にも言われているかのような気分になり
妙に緊張して来てしまいました(汗)
しかも、そんな 重い空気が漂う中
「はい、次の人 準備して!」  ひいー! 始めにくい!!(笑)
合わせてきたはずの調弦も 何故か 狂っていて、これまた緊張するし
ドキドキしたまま レッスンがスタートです

まずは、ラフォリア4ページ目
重音のところは テンポを上げて練習してくるように言われていたので
それなりにやってきたつもりでいましたが…
「前のところが このテンポだったら、ここは この速さでしょ?!」と
手拍子で教えられ、自分の甘さに気づく(笑)
た、確かに そのテンポになりますよね…!!(@_@)
改めて、速いテンポで弾き始めようとした そのとき
突如 インターホンが鳴り、しばし レッスンが中断しました

そして 玄関に行って 戻ってきた先生…、ため息交じりで
「さっきの子の親が、駐車場から車を出すとき
 トランク開けたまま走りだしちゃって、天井の蛍光灯 割っちゃったみたい
 いま、割れたガラス片づけてるよ…」
えー!!(爆)
親子して、今日は とんだ災難じゃないすか…(笑)
ていうか、先生も災難だね… そういえば足も怪我しているし…?
中断ついでに、足の怪我はどうなさったのですか?とか聞いてみましたが
ちょろっと その話をし始めたかと思ったら
「そんな話はいいから、さっ 続きをやりなさい!」 
空気を変えようと思ったが 作戦失敗(笑) ラフォリアの続きです…


【More・・・】

結局 今回も、重音は ガチャガチャした音しか出せませんでしたが
なんとか最後まで 止められずに弾き切りました
すると先生
「この曲、あなたも納得できてないでしょうが そろそろ止めて
 発表会曲の練習に集中していきましょうか
 個人的に家で練習してもいいし、いずれまた 改めてレッスンしてもいいし」
そ、そうですか…!
つまり 合格、ではなく 中断、ですね(笑)
それでも、練習の度に 指が痛くなる曲だったので
それから解放されるのは ちょっと嬉しいかも…
もっと技量がアップしたら、もう1回 チャレンジしたいですね!

そんなわけで、ラフォリアは 一応 終わり…ということになり
次は、ラモガボです
正直 自信はありませんでしたが、珍しく これは ストップがかからず
最後まで弾き切りました しかし…
「まあ綺麗に弾けてたけど、小さくまとまりすぎてるね
 もっと、大きな音で 大きな弓使いで!
…というわけで、特訓開始です


  まず、いきなり 出だし部分のダメ出し
  当初よりは たっぷり弾いてるつもりでしたが
  先生からしたら、まだまだ!!です

  また、前にも言われていますが
  ミの音が ビシッと決まらない…
  「蚊をビシッと叩くみたいに!!
   バシッと押さえる!」
と指導され
  何度も ビシッと1発で押さえる練習…
  


また、「ミーレド」 と弾くと 最後のドの音が小さくなってしまうので
弓にかける圧力が落ちず、一定になるように気を付ける!
これは、どの部分にも 共通して言えることなので 右手の特訓が必要!

  そういう意味で言うと、ここも同じで
  フレーズの最後の音が小さくなりがちなので
  少し大げさ?と思うくらいに
  音を引っ張る、伸ばす!
  しかし 何度やっても、「短い!」と怒られ
  なかなか 上手くいきません…
  やっぱり、楽譜が簡単そうだった代わりに
  音楽性を求められる曲だったのね…!



  GavotteⅡも同様、音は大きく!
  たっぷり伸ばすところは 伸ばす!
  写真のところは、少しテンポを遅くしつつ
  たっぷり弾いていく
  スタッカート部分は、焦せって
  速くなってしまいがちなので
  気をつけること
  


そんな感じで、たっぷり!音も大きく!弾く練習をしていたら
次の時間の生徒さんが 教室に入ってきました!
今日は 私の後に レッスン受ける人がいるんだ…
ていうか、遅れてスタートしたので 時間が押してるー!!(@_@)
もう終わりにしなきゃ?!と思って 慌てると
「時間が押した分、レッスン延長するから!」と先生が言うので
次の生徒さんを待たせたまま、特訓は続きます…
なんか、すごい恥ずかしい(笑)

こうして、10分くらい時間を延長して レッスンは終了しました
次回は、なんと 3週間後?! だいぶ間が空くので
それまでに、もう少し なんとか完成に近づけたいところです…
そんな風に考えていると、最後に 先生から一言
「次から、ドッペルとか 何か発表会の曲も合わせて練習していくからね!」
わーー! 予想してたけど、やっぱり??!(笑)
今年も ボチボチ 過去曲の復習が始まるようです…!
ドッペル ヤバイーー!! 弾けないよーー

レッスンを終え、駐車場に行くと
蛍光灯のガラスを片付け終えた親子の姿が…(笑)
そうだった、片づけてたんだよね… お疲れ様です
ていうか、トランク開けたまま走るって あんまりしないよなぁ (^_^;)
前から薄々感じていたけど… もしかして この方、てんね… ←え
スポンサーサイト
EDIT  |  23:37  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。