2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.09.10 (Sat)

LESSON149のはずが…

いつものごとく、平日は あまり練習できていなかったので
レッスン当日になり 焦って 練習してみたものの
これまた いつも通り、急に いっぺんにやったところで 指が痛くなるだけで
大して進歩の無かった 土曜の昼間…
これは 叱られるのを覚悟で行くしかないな…と
意を決して 教室に向かいました

すると 教室の駐車場には、見慣れない車が1台 停まっていました
「誰か 時間をずらしたのかな?」 と思いながら
何の疑いもなく 教室のドアを開けると・・・

隣の部屋との仕切りが外され、教室が広くなっていました

こ、これは・・・

合同練習のかたち!!!!(爆)

黒板を見ると、9月と10月の予定が張り出され
先週までが 個人レッスンで、今週から合同練習となっていました
な、なんと・・・(声も出ない)
先週は休みをもらったので、この予定は知りませんでした
ていうか、なぜ 知らせない?(笑)

教室内には、いつもは行き会わない生徒と親御さんが1組いたので
「あの… もしかして今日から合同練習なんですか?!」 と聞くと
「え? 違うんですか?!」 と逆にビックリされた(笑)
やはり、嘘ではなかった…!

練習が間に合っていないこともさることながら
合同練習ならば、自分の譜面台とか 用意しなきゃならないのだが…
当然 なーんも持ってきていない(笑)
家に戻るべきか?!と頭を抱えていると、もう1組 生徒&親御さんが来ました
もう戻ってる暇はない… 覚悟を決めなければ…!

そうこうしているうちに 先生がやってきました
「先生…! 合同練習とは知らずに来てしまったのですが…!」(訴え)
あなたのレッスン時間と 開始時間が同じだったから
 言わなくても この時間に来ると思って、知らせなかったんだよ

「(知らせてください・・・!!)」
「譜面台なら、教室の使っていいよ」

知らなかったことは 言い訳にはならなそうな雰囲気なので
(普段から いつでも弾けるように練習しとくのは当たり前)
こうなったら 頑張るしかありません (T_T)
それにしても 時間はとっくに過ぎたのに 他には誰も来ません
もしかして、この3人でやるのかい…?

【More・・・】

少し待っていましたが 結局、他には生徒が来なそうだったので
3人で合同練習開始です!(爆)
しかし、1人は2巻レベル もう一人は4巻レベル…ということで
合わせられる曲が あまりありません
仕方がないので、2巻の子に合わせて弾いていくことになりました
まずは 「2人のてき弾兵」から… これなら何とかなる!(笑)
次は「ロングロングアゴー」、「メヌエット2番」…と
徐々に曲は易しくなっていくので、最初の動揺も収まって 緊張も和らいできました
それでも、2nd は私だけなので(汗) 間違えるわけにはいかず
一瞬でも 気を緩めることはできませんでしたが…

2巻の子は 発表会が初めてらしく、上手く合わせられずに涙目でした
でも今日は 合同練習 初回だからね 先生はまだ優しい方よ? ←え
次までに頑張ってきなさい、ということで この子は早々に帰されました
残された2名のうち、次の標的(?)は 4巻の子
ドッペルのセカンドを一人やらされていました…
(まだ合わせるには早いらしく 私は待機)
自信は全くなかったけど、本当は 私も2ndと合わせたかったな
…というのも私、2ndが入ると途端に分からなくなるので
合同練習の前に 先生に合わせてもらおうと思っていたのですが…
そんな計画も もはや手遅れですな…(笑)

その後は2人で 「アーモール」、「ザイツ」など 嫌な曲ばかりを合わせ(笑)
「コブルガーマーチ」を練習したのち、4巻の子も無罪放免となりました
ワタクシ、居残り…?(^_^;)

先生と1対1になったところで、先生がジュースを持ってきてくれました
「少し休憩してから あなたの曲をやりましょう」
…もう 発表会前に 個人的に習う時間はないと思ったけど
幸いにも 今日は人数が少なかったので、じっくり見てもらえるようです 良かった!

ジュースを飲みながら、しばし TVをつけ野球観戦しつつ(笑)
鋭気を養ったところで 私のレッスンがスタートです
まずは1回、通して弾いてみました
先生は途中では何も言わずに 黙って聴いていましたが…
「まあ、だいたい いいんだけど… 欲を言えば、もっとトゥリルをいれてほしいな
 あと、ポジション上がった時の音程ね!」
ああ、やっぱり ダメなポイントは変わらずか…(笑)

トゥリルを入れる部分は、曲中 何か所かあるのですが
「トゥリルは1拍なの? 1.5拍なの?」と言われ、よく考えると…
「1.5です…!」
「じゃあ、あなたのは短すぎるでしょ? もっと伸ばさなきゃ!」
ごもっとも!!
指が上手く動かなくて、つい短くなってしまっていました

さらに、音程のところ
特にダメなのは、3ポジに上がって 2の指で 隣の開放弦と同じ音を出すところ
「音が合ってないから、隣の弦が共鳴してないよ!
 それに、もっと大きい音が出るはず!」
…というわけで、開放弦→3ポジ2 という練習を延々繰り返す
そうすると、何回もやって そのうち数回しか ちゃんと合わない(爆)
今更ですが、どんだけ安定してないんだ…!!
音程が合って共鳴しないと あまり大きい音も出ず
終いには 「楽器がかわいそうだ」 とまで言われる始末
ごめん聖司くん…! 君の力を発揮してあげられなくて…!(涙)
とにかく、ひたすら この練習をしなさいと言われました
基本は大事です…!

東京教室の方々も練習を始めてくださってるとのことなので
綺麗に合わせられるように、気合入れていかないとですね!

そんなわけで、普通のレッスンだと思ってやってきたら
合同練習1回目だったというオチで(笑)
この日は結局 2時間 弾き続けることになりました
直前練習でも 休み休み5時間くらい弾いていたから
計7時間…?! 練習不足がたたり、すでに 左腕が痛いです
明日は バンテ○ン塗らないとだめかも…! ←情けない
スポンサーサイト
EDIT  |  22:27  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。