2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.10.09 (Sun)

2011年 発表会 合同練習④

今年の10月3連休は、天候にも恵まれましたね!
早速 どこかに お出かけした方もいるのではないでしょうか??

私はというと、この3連休は イベント目白押しで
土曜は 合同練習、日曜は おばあちゃんの四十九日、月曜は逆転部…と
家で ゆっくりできる日はありません(笑)
でも 用事が何であれ、出かける時に 天気が良いのはいいことだ!
ただ朝晩は寒いので、そろそろ着るものに困るんだけどね~

さて、そんなわけで 土曜日は 合同練習4回目でした

先週はレッスンが休みだったので、油断して 猛将伝などやってしまったのですが…
さすがに今回からは ドッペルが合わせられなきゃ マズいだろう!と
今月に入ってから、急に焦って練習し始めておりました
しかし、毎度のことですが 急にやったからって出来るようになるもんでもなく…
ところどころ 音程の怪しい部分を残したまま 時間になり
重い足取りで、教室に向かいました

教室には 子供5人くらいと、Mさん、おじいちゃん
だいたい いつも来ているメンバーが揃っていました
でも、今回は 天才少年は来ていないのね… ガッカリ(笑)
内心しょんぼりしていたら、すぐに先生がやってきて 練習スタートとなりました

まずは 1、2巻あたりの 易しい曲の合奏練習から
この日はセカンドが2名しかいないので、大きめの音を心がけてみる
ただし、外したり間違えたりすると 非常に目立つのが怖いですが… (笑)
合同練習も、リハを抜かせば 残り3回しかないので
10月に入ってからの先生の厳しさは、例年 前月の比ではなく
易しい曲でも 随時 ストップがかかり、音程の修正や 細かい指示が出され
間違えば、小さい子でも みんなの前で一人で弾かされます
そのため、私も いつも以上に緊張していて
普段なら乾燥してガサガサの手のひらも、うっすら汗をかくほど (^_^;)
ポジ移動時に滑りにくくなり、危険なので
この日は密かに ウエットティッシュを仕込んでましたよ~

そんなピリピリした雰囲気の中、何度か弾き直しをさせられた子もいましたが
どうにか 前半戦が終了
小さい子たちは ジュースを貰って休憩したあと 帰っていきました
しかし、一人なら弾けるのに みんなと合わせるとダメな子が多く
合奏の難しさを 改めて感じます
自分のペースで弾けないってのは ホントに気を使いますよね…

ところで、休憩している時 ちょうど電話が鳴ったのですが
会話の様子から、先生が 明らかに不機嫌になっていました
ただでさえ 今日はピリピリしてるのに、いったい誰だい?!(笑)と思ったら
私のレッスン時間の前後に来ていた女の子の親でした
どうやら 最近 レッスンに来られていないようです…
先生いわく、ヴァイオリンを始めてから ずいぶん明るくなり
自信もついてきたようだったから 良かったと思ったのに
今度は自信がつき過ぎたのか、音楽学校に行って ヴァイオリニストになると言い出し
その割には 先生に怒られると 恐れて来なくなる、と (笑)
しかし家では弾きたいから、調弦だけして欲しいという内容だったようで
「習いに来ないのに、調弦だけしたって意味ない」と 先生はプリプリでした (^_^;)
う~ん、しばらく見てない間に そんな展開になってたとは…
前向きになったのは良かったけど、それは さすがに先生に失礼でないかい??
先生が怖いのは みんな同じですが (え) 良かれと思って言ってくれる訳だしね

そんなわけで、ますます ピリピリした雰囲気で 後半がスタート (笑)
「3巻の曲なんか、みんな出来るでしょ ザイツやろう!」
と、一気に2曲ほど すっ飛ばし いきなり4巻の曲からの練習に!

【More・・・】

…と、ここで ちょっと補足説明
今回 G-mollを弾くS君は、今年 受験生であるにもかかわらず
両立して頑張って出るとのことで(偉すぎる)
過去曲の復習が まだ ちゃんと出来ていない状態ですが
多少 間違えても、先生も大目に見てくれています
そして、今年ドッペル初参加のY君は
練習が足りていないのか、常に先生に怒られている子です
この2名の出来具合が、いつも後半のカギを握っているわけなのですが…

ザイツでも 早速、曲のところどころで つっかえ
2名が それそれ 一人ずつ弾かされることに…
実は私も うまく曲に乗れてなかったところがあるんだけど(爆)
先生にとっては この子たちの出来のほうが重要なようです
特に、Y君の出来が良くなかったみたいで…
「先週休みだったからって、その間 練習をサボっていたら
 今までやっていたことも 出来なくなっちゃうんだよ?!
 9月にやったことは 無駄になってしまうんだよ?!
 そういう時こそ、人1倍 やってこなくちゃ!」
ドキーっ!! (@_@)
まるで 自分に言われているようです…(汗)

その後のアーモールでも、やはり2名が 一人ずつ弾かされ
同じようなことを 延々と注意されていました
「レッスンに来て、そこで何とか合わせればいいやと思ってたらダメだ」
「みんなと合わせられるところまで やってきてもらわないと
 全体をまとめることもできなくなる」 …等々
全部、自分にも当てはまることです…(滝汗)
怒られていたのはY君ですが、私も同罪だな…と思いながら聞いていました
ますます、手のひらに汗が(笑)

そして、いよいよ問題のドッペル
今回は いよいよ合奏だろうと思っていたのですが
ファーストが Mさんしかいないので、またもや パート別練習になりました
セカンドは、S君、Y君、私… 問題を抱えた者だらけの 組み合わせ(笑)
手のひらの汗を拭きつつ、せーの!で弾き始めると…
意外にも、ノンストップで 最後まで弾き切れましたー!!
しかし すっっごいプレッシャー(笑)
やっぱり 自分が何とか頑張って 引っ張らなきゃと思っていたので
何があっても 止まるわけにはいかなかったし
間違えるわけにもいかなかったから… 妙に汗びっしょりです (^_^;)
しかし、それでも先生には不満の残る内容だったようで
やはり 2名が 一人ずつ弾かされることになってしまいました…
うう、私も ホントなら 一人でやらされるレベルだと思うけど…
今回は 指名を免れたとしても、もっと弾き込んで来ないとダメだなと思いました

その後、やっと Y君は開放され
Mさんの独奏練習の後、私の番となりました
今回は、GavotteⅡのところを もう少しだけテンポよく弾こうと思い
あとは とにかく 大きい音! 音程!
気をつけるところだらけですが(涙) 頑張ってみました
大きい音を出そうとすると、力が入って 音程が狂ってしまうのですが
音が大きくなってきたことに関しては 評価を頂けました
あとは、やはり GavotteⅡが終わるところの リタルダンド
もっと大げさでいいと言われました

先生もお疲れなのか(笑)、私への注意は それくらいで済み
あとは S君が特訓のため残され (T_T)
私は ここで開放されることになりました
いやはや、今回も 軽く3時間… 緊張しっぱなしで疲れました
こればかりは、何年たっても慣れませんね…

昨日は そんな感じだったので、結構 早めに就寝してしまいましたが
今日は これから、おばあちゃんの四十九日で 法事に行ってまいります!
このあと、題名のない~に すぎやまこういちが出るので
しっかり録画して行かなくちゃ!(笑)

スポンサーサイト
EDIT  |  08:21  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。