2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.10.23 (Sun)

2011年 発表会 合同練習⑥

やはり予想通り、帰宅後 力尽きて寝ました(笑)

しかし、今回の合同練習は 色んな意味で厳しかったなぁ~
でも 良いこともあった!
そんなわけで、昨夜のことを思い出しつつ記事をまとめます
(一晩寝ると忘れやすい性格ゆえ)

直前練習で 何とか形を取り繕ったあと、時間になり 教室へ
今回は ちゃんとエレベーターが直っていました!
しかし、入り口には いつも以上の靴が並んでいたので
今までより 人が集まってるのかな?!と思いながら 部屋に向かうと
久しぶり!な 年配のSさんが来ていました 今年初めてだよね?!
Sさん、今年は合奏には あまり参加せず ソロがメインのようで
今まで合同練習には来ていなかったのでした
そして、いつも発表会でしか行き会わない こちらもベテランのHさん
何か、今回は ベテランが多いので ちょっと安心感です(笑)

そして 発表会のプログラムが完成したとのことで、何部かいただきました
・・・・
ぶおー! 今年は ドッペルが前半にあるー!(@_@)
自分演奏も前半にあるので、緊張するものが集中してる感じがする…
そして残念なことに、今回は 東京教室の上手な方々の演奏がないみたいです
ああ… 私も 結構 楽しみにしてたんだけどなぁ…
去年は、「プレリュードとアレグロ」や「シャコンヌ」が聴けて
非常に豪華な発表会だったのですが…
いやいや、今年も 天才少年の演奏は聴けるし それは楽しみだ!
今回も華やかなモーツアルトらしい♪

そんなこんなで、さっそく 練習開始!
キラキラ星からスタートですが、今回はセカンドが多いので 音量も大きい!
何故か 自分まで上手くなったような錯覚に陥る(もちろん勘違いだが)
いつもなら 細かくストップがかかるところですが
今回は 強弱をつけるところまで 指導が入りつつも
すんなりと各曲をクリア、あっという間に 易しい曲の練習は終わり!!
小さい子も みんな、本番に向けて 上達して来てるんだなぁ

そして、先生が ご褒美ジュースをとりに行っている間に
遅れて 天才少年がやってきました
今回は あまり合同練習に来ていなかったので 会えると妙に嬉しい(笑)
後半は 少年も交え、ますます音量アップです!

【More・・・】

前回は 吹っ飛ばしてしまった、ボッケリーニや ユーモレスクも
今回はシッカリとやり、徐々に曲の難易度が上がってきます
ザイツあたりになると、私も少し緊張してくる…
未だに 3巻以降の曲は、上手く弾ける感じがしません
毎回、自分的に苦手な部分にさしかかると 妙な力が入ります (^_^;)

緊張しつつも、何とかザイツを弾いた後は アーモールへ
すると、やはり 練習時間の少ないS君は 弓使いの怪しいところがあり
1人で弾かされることになってしまいました
そして 天才少年も(笑)
すごい演奏上手いのに、みんなと弓の向きが合ってない時があり よく注意されています
そういう意味でも ソリスト向きだなぁ ←そういう事??

最後の難しい部分のみ 繰り返し合わせる練習をして、いよいよドッペルへ
今回はファーストも3人いるので、音量的には同じはず!
上手く合うように頑張らねば!!と 一人気合を入れて臨みましたら…
タイミングも ちゃんと合って、なかなかの仕上り!
…と 思ったら…
「ファーストだけ やってみなさい」 と先生
セカンドは休み、ファーストだけで合わせてみると 細かい部分が合っていない
さ、さすが先生… ちゃんと聴き分けているのね!!(当たり前)
次に セカンドだけで合わせると、やはり 時々誰かが落ちてる感じ
特に、16分音符のあとの 8分音符は テンポが速くなってしまいがちなので
落ち着いて ゆっくり弾くつもりで!

そうしないと、勝手に どんどん速くなっていってしまい 破綻してしまいます
私もCDの音源に合わせているとき それを感じることがあるので
心の中では いつも 拍を数えてる必要があるなぁ…と思います

そんなわけで、途中から パート練習に入りつつ 最後には また合わせてみて
各自、苦手な部分は克服しておくように!(笑)ということで
ドッペルの練習は終わりました
ここまでで、2時間ちょっと… 順調に終わってきたので
いつも通りに帰れるかなと?思っていたのですが
この日は ここからが長かった!!

まず、S君のG-mollの練習からだったのですが
サポート役の天才少年と2人で合わせてみたところ
楽譜が覚えきれていなく、何度も落ち 止まってしまう場面がチラホラ…
しかし先生、譜面を立てて見ることは許さず
「ここまで来たら、何とか戻って合わせるようにするしかない!」と試練を与える
S君も さすが 先生のもとで頑張ってきただけあり
「もう1回、やらせてください!」
ううん、強いな! みんな強いよ!(T_T) (妙な所で感動)
そこで、向こうの部屋で自主練してから再チャレンジ!ということになり
先に Mさんの独奏練習が入り
次に Hさんの独奏練習、そして 天才少年の独奏練習…
・・・って、あれ? 私は?(笑)

正直、あとは自分の演奏が終われば 帰れるわけなのですが
「家が近い」という理由にて、またまた 最後に回されることに(爆)
まあ、確かに この中では 一番近いっすけどね…
ここまで遅くなるとは思っていなかったのもあり、服装も普通で来てしまい
夜も更けて来るにつれ、さすがに少し 底冷えして来ました
指先が冷えないように、丸くなりつつ みなさんの演奏を聴いて待ちます

しかし、冷えと戦いつつも 上級者の演奏を見ているのは楽しい♪
Hさんの曲は 重音ばかりで 難しいこと間違いなし!なのですが
あまりにサラッと軽く 綺麗な和音で弾いているので
後ろから楽譜を覗き見したら、やっぱり黒々していた(笑)
天才少年は もちろん暗譜ですが、速く弾いても 結構な長さの曲
それを覚えられるだけでも尊敬しますが
更にそれをCDの速さで弾き、
これだと少しガチャガチャしてしまうので(それでも私にはわからないレベル)…と
今度はテンポを落として弾き… ここが違うと言われればすぐに直せるという
ちょっと 周りとは格が違う感じがいたしました (^_^;)
それでも 先生からしたら、デタラメ弾いてると言われるのだから
いったい どれほど練習したら 褒められるようになるのか…(遠い目)

耳の保養をさせてもらった後、S君のリベンジがありましたが
さっきとは 別人のように、しっかり合わせていました
時間さえあれば、きっと もっといい演奏ができるんだろうな
今年 G-mollなのが もったいないような気もします

こうして、一通り みなさんの練習が終わり 1人 また1人と減っていき
最後には 私と先生、再び 1対1の構図に(笑)
ここで緊張していては 本番はダメだろう…と腹をくくり
思い切って弾くことにしましたが、
いつも苦手な所は、変に意識が働くのか やはり つっかえやすい
家では大丈夫だったところで、まさかの間違え!
止まらないのを目標にしていたのに、1回 止まってしまった~(T_T)
しかし先生、そこについては 特に指摘は無く
ただ、「トゥリルをもっと入れなさい」 とのこと
本来なら 1拍半 トゥリルを入れねばならないところを
指が回らず(涙)1拍くらいになってしまうので
もう少し長く、そして次の音に入るのを素早く!と言われたので
そこだけを繰り返し練習すること数回
何となく改善されてきたので、あとは大丈夫だろう…となり
ようやく 私も解放されることになりました!

今回は長く感じたな~と時計を見ると、22時になっていた(爆)
ちょいと! ふしぎ発見も終わってるよー!(@_@)
ていうか、お昼もろくに食べてなかったから お腹すいたよ…

こうして、たくさん演奏聴けて楽しかった半面
身体は冷え、お腹も空き、体力低下(笑)
帰宅後、速攻で 寝に入ったのでした…


今日は、はなはなの先生が演奏会と聞き 行こうと思っていたのですが
雨天中止なうえ 日帰りには厳しい距離だったので、泣く泣く断念 (T_T)
しかし今は 晴れ間が出てきて、やっぱり行けばよかったかなぁと後悔中です
仕方ないので、代わりに いっぱい練習しようと思います…
スポンサーサイト
EDIT  |  12:30  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.10.23(日) 18:14 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。