2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.11.06 (Sun)

弦楽器フェア 2011

発表会が終わったばかりで 疲労も残っているハズの私でしたが
やはり 誘惑には勝てませんでした…
行ってきたよ! 弦楽器フェア!(笑)

今年は、お世話になってる工房さんから フェアの案内と割引券をいただいたうえ
楽器の試奏をするヴァイオリニストが 川畠さんと聞き
発表会前から、行ってみたくて ウズウズしていたのでした

さすがに金曜日に行くのはムリなので、土日のどっちがいいかな?と 直前まで迷い
結局、天気の良さそうな土曜日を選択
ただ、日曜の演奏曲の方が 魅力的なんだよなぁ~
土曜は バッハの無伴奏と書いてあったので、それはそれで良いのですが
何となく今は、小品を色々聴きたかったので それが少し残念でした

まあ、格安でプロの演奏が聴けるなら 文句はありません♪
…というわけで、早速 出発です!
疲れも忘れて、早くもウキウキ気分♪(^o^)

電車内では、次回レッスンに備え 真面目にヘンデルの予習…
珍しく、ヴァイオリンモチベーションが高いままの状態です
このまま しばらく やる気が持続してくれると良いんだけどね(笑)


  そんな事をやっているうちに、あっという間に現地に到着
  (展開速っ)
  この建物も 久しぶりですな~

  以前ここに来たとき、ちょうど この場所で
  関西に行っていたバヨ仲間から
  お好み焼きを食べてる所の写メを
  貰ったことを思い出しました
  懐かしい思い出…



  それで お腹が空いたと言うわけでもないのですが
  着いて早々、地下のレストランで食事です(笑)
  というのも、朝 何にも食べないまま
  フラフラと出てきてしまって
  途中で寄る暇もないまま
  現地に着いちゃったからです
 
  ヴァイオリンの演奏まで あと30分、
  若干 早食いペース(笑)


しかし、このレストラン 初めて来てみたけど
来場者より 関係者のが多く集まってて、色々 談義してる感じでした
こういう場所で語り合いながら、交流を深めてるんだろか
製作者も 普段は 孤独な作業だもんね (^_^;)

早食いした甲斐があり、本日1回目のヴァイオリン演奏には 間に合いました
会場を見て回る前に、先に 演奏を聴くため 地下ホールに向かいます

ホールに着くと、演奏者が川畠さんだからなのか すでに席はいっぱいでした(@_@)
何とか 空いてる場所に座らせてもらうと、すぐにコンサートがスタート
まずは 楽器製作者が 壇上で紹介され
次に 川畠さんが登場! …思っていたより 小柄だー!(え)
しかも 最初の楽器が川畠さんに手渡され、曲名が紹介されると 更にビックリ!
バッハの無伴奏だと思っていたら、どうやら今日も 小品を弾くらしい!
おおーっ、聴きたかったので メッチャ嬉しいです!(^o^)

私のように ただ演奏を聴くのが目的…という人だけでなく
本気で 楽器を探している人、自分の楽器をアピールしたい製作者にとっては
この「プロによる楽器の試奏」 というのは 大きな意味があるので
それぞれの楽器の特徴を生かす曲は 何なのか?
どんな選曲がされるのか?というのは
なかなか 興味深いものがあります
今回バッハだと思っていたところ、一転して 今度は
何の曲を弾くのか 事前に 全く分からない状態になっため
曲紹介のたびに いちいち 「おおっ、あの曲か~!」と驚いたりして
全曲、ワクワクしながら聴くことが出来ました
しかも今回は なかなか 私好みな選曲が多かったです!

① ヴィターリ / シャコンヌ
② アルベニス / タンゴ
  ファリャ / スペイン舞曲
③ クライスラー / ベートーベンの主題によるロンディーノ
  クライスラー / ウィーン奇想曲
④ シャミナード / スペイン風セレナーデ
  モシュコフスキ / ギターレ
⑤ パガニーニ / カンタービレ
  パガニーニ / ラ・カンパネラ
⑥ ピアソラ / オブリヴィオン
  モンティ / チャルダッシュ

最初のシャコンヌは 曲が長いので 1曲でしたが
他は、1つの楽器で 2曲演奏され 盛りだくさんな内容
入場料だけで これだけ聴けるなら、かなりお得!ですねっ
耳のよくない私ですが、個人的には 2番目の楽器の音が好きでした
選曲も 甘い感じの曲だったので、合ってたと思う♪
楽器の聴き比べが出来る機会も そうはないので、かなり楽しかったです
うん、来て良かった!

ヴァイオリン演奏は1日2回あるので、もう1回聴くチャンスもありましたが
人気があるイベントなので、なるべく 多くの人が会場に入れるように
1回聴いた人は席を譲ってくださいとアナウンスがあり
私も 欲張ってはいけないな、と思ったので ホールを後にしました

さて、コンサートの次は 会場巡りです

【More・・・】

  すべてを紹介しきれないので
  今回も、この会場図で 全体像を想像してください!
  (このパターン多いな)
  大きな部屋が6つあって
  中心に 休憩所がある感じですかね…
  サラッと見て回れば あっという間だけど
  1つ1つのブースを じっくり見たら
  結構 時間かかるかも…


  各ブースで、楽器や小物
  ケースなど さまざまなものを
  展示しています
  逆に、楽器が多すぎて
  どれがいいんだか
  わかんなくなりそう(^_^;)
  試奏してる人もいっぱいいて
  麗しい音が あちこちから
  してきます


  私はというと、相変わらず
  人前で弾く勇気がないので
  こっそり触ったり
  こっそり弾いたり…
  会場の様子を伝えるため
  写真を撮ろうとすると
  すぐ人がやってきて
  楽器が見えなくなるー!(笑)
  それくらい 大盛況でした!

ひとまず ぐるっと1周したところで、サラサーテ新刊でも買おうかと思ったら
財布の中身が えらい寂しいことになっていることに気づく(爆)
ちょっと不安だから、近くのコンビニにでも行っておこうか…と
一旦 会場を出て、来た道とは反対方向へ行ってみる


  いつも、竹橋側から来ていたので
  九段下の方に向かってみるのは初めて
  清水門 っていう江戸城の門が残ってました
  こうしてみると、ここは ホントにお城跡なんだなぁ
  科学館のあるところも
  北の丸公園、だもんね
  今更ですが、歴史を感じますな~


  九段会館のそばで 銀行、コンビニ発見!
  ピンチを脱して 一安心

  ていうか、九段会館 こんな場所にあったのね
  東京の地理関係って、いまいち掴みにくい…
  地下鉄の駅が隣同士でも
  歩いていける距離だったり、えらい離れてたり
  未だによく分からんです…




  北の丸公園に戻ると、一部が紅葉していました
  うちの県でも ようやく色づいてきたところですが
  早い樹木は、もう終わりかけてるのですね~

  でも この日は 湿度が高かったせいか
  歩いていると 汗ばむくらいでしたよ!
  

ちょっとした散策を終え、再び 会場内をウロウロしていると
お世話になっている工房の方を発見しました!!
声をかけたら、私の事 ちゃんと覚えていてくださいました
どうも 本人よりも、楽器の印象のが強いようですが…(笑)
一緒に中を歩きつつ、製作者目線でのお話など
いろいろ伺えて楽しかったです!
工房の方から見て、今回 良い楽器があったか聞いてみると
やはり有名な 宮地楽器のお3方の楽器は 良かったとのこと
普段は なかなか 触る機会もないので
こういう機会に、ちょっとでも触れてみるといいとのことでした
その中でも特に、今年の天野さんの作品が良かったとのことだったので
私も 帰る前に 触ってみようかな…と思い
お店のブースに行ってみました!

するとちょうど すごい上手な人が弾いていて、えらく目立っていたので
その影に隠れて、こそこそっと 他の楽器を試奏(笑)
天野さんの2009年作品と 2011年作品
菊田さんの2005年作品を 手に取ってみました
どれもお高い楽器だったので、触るのも ドキドキ(@_@)
でも 実際弾くと、どれもみんな違いがハッキリしていて びっくり!
同じ人が作っていても、それぞれ個性があるんだなぁと
感覚の鈍い私にも分かりましたよー!
私の好みでは、天野さんの11年が良かったです
菊田さんの05年は、弦に触れたら スッと音が鳴る感じで
とっても弾きやすそうな感じがしました
まあ、それも あくまで 私の感覚ですので
感じ方は人それぞれなんですけどねっ
絶対に買えない楽器ですが(笑) 貴重な体験をさせていただきました~

そんな感じで、今年のフェアも満喫して 外に出てみると…もう真っ暗!!
特に 何かを買うわけでもないのに
2時間くらい ウロウロしていたことになるでしょうか…
どんだけ楽器見てるのが好きなのか(笑)
いや、見てるだけでなく ちゃんと弾いてやらねば…ですよね!
自分の楽器も大事にしなきゃ~


スポンサーサイト
EDIT  |  09:06  |  ヴァイオリン関係  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。