2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.05 (Mon)

旅行1日目 お伊勢さま参り

レッスンも終わり、ようやく落ち着いたので 旅の詳細をまとめることにしました
しかし 写真多用のため、どうやっても 短くまとめられず
どの日も、巻物のように 延々と長い記事になってしまいます…
どれだけスクロールしても 先が見えず
「まだ 下まであるんかい!」と思われるかもしれませんが(笑)
私の日記の特徴と思って、頑張って読んで下さい ←最後は丸投げ
画像が多すぎて エラーになったらごめんなさいよ!!


  さて、るるこさん発表会の翌日…
  都心を 朝5時に出発
  朝日を浴びる富士山など眺めながら
  走り続けること 6時間半…
  ようやく 伊勢の地に到着いたしました
  途中飽きるかなぁとも思いましたが
  各地のPAの名産などを
  ナビで見たりしてたら 結構面白かった(笑)


  まずは、伊勢神宮の外宮へお参り
  正式には 「豊受大神社」といい
  天照大神の食事をつかさどる神様が
  祀られているところです
  こちらは 朝早かったからなのか?
  意外と人気が少なく
  駐車場も 楽々止められました

  ここは 駐車場からすぐの 北御門参道
  横道になってしまうので、正面に向かいます



  ここは 紅葉するような木も少なかったので
  あまり 葉の色づきを感じることは
  できませんでしたが
  駐車場のあたりでは、少し紅葉がみられました
  


 少し歩くと、程なくして
 鳥居の正面に着きました
 火除橋には 「左側通行」 と
 書かれています…
 何でかなぁと思ったら
 手水舎が左側にあるからみたい
 です(笑)
 そういう理由か…!
 



  しかし、手水舎のすぐそばにあるはずの 勾玉池は
  改装中(?)で見られず…(涙)
  池の真ん中に舞台があるみたいだったので
  見たかったんだけどな~
  完成予想図を見て、想像するしかないのだった





  さて、ようやく 第1鳥居へ(笑)
  鳥居には、両柱とも榊が付けられていて
  神聖な雰囲気を感じます

  これは、御正殿の周りや もちろん内宮も
  あらゆるところにつけられていました
  



  そして 鳥居をくぐると、
  空気がヒンヤリしていました
  ちょっと 寒いくらいです

  緑が豊かな参道を歩いていくと
  すぐに 次の第2鳥居が見えてきました



  第2の鳥居の先には 神楽殿
  ここで お守りやお札、御朱印をいただけます
  
  早速、我々も御朱印をいただこうと
  列に並びます
  私の御朱印帳は、最初の2ページが
  伊勢神宮にお参りした際に書いてもらうように
  わざと空けてあるタイプだったので
  念願叶い、最初のページに書いていただく…
  

  神楽殿から すぐのところに 御正殿があるので
  正面に回り込む
  この鳥居の先には、御饌殿があるのですが
  とうぜん、撮影は禁止!!
  内宮同様、唯一神明造という様式で
  煌びやかな装飾などは一切なく
  大きな茅葺の屋根が印象深い建物でした
  お参りをする場所の前に 帳がかけられ
  その向こうに 神様がいるんだな~と
  何だか 感慨深くなりました





さて、ここから横道にそれると 別の神様を祭った場所があります
そちらに向かっていくと、風宮、土宮があり
読んで字のごとく それぞれ、風の神様、大土乃御祖神を祭っています
特に風の神様は、鎌倉時代の元寇の際 神風を吹かせ
ちょっと格が上がって、ここに加列されたらしい(笑)
神様の名前が分からないかな~と思って、あとで調べたら
級長津彦命(伊 弉諾尊の子)でした




ここから 更に小高い丘に登っていくと、多賀宮があります
ここは 豊受大神の荒御魂をお祭りする場所ですが…
さ、寒い!!(笑)
森の奥深くに来た感じで、空気も一層 冷え込んできました…


  お参りを済ますと、先度は迂回した
  北御門参道の方を通って
  駐車場に向かいました
  ここには 忌火屋殿や(見られません)
  御厩などがあります(馬はいませんでした)

  ここで思ったのは、伊勢神宮は
  鹿島神宮のように 原生林の中にあるのではなく
  整備された庭の中にあるという感じで
  比較的 明るかったなという印象でした


ここまででも 記事が長かったかと思いますが
実は、この後の内宮は もっと長いですよ!(爆)
あまりの長さに 折りたたませていただきます~

【More・・・】

  内宮に向かっていくと、途中の道路から すでに渋滞が!
  なかなか 先に進みません…
  外宮は あんなに空いていたのに、なんで?!(笑)
  やっと付近まで辿り着くも、駐車場がいっぱいで
  臨時の駐車場に行くよう促される
  そこでも、ご覧の通りの混雑っぷりです
  ←河川敷の臨時駐車場(一部)
  内宮、すごい人気です(笑)


  その原因は これにもあるのではないかと…

  内宮に続く参道でもある 「おはらい町」
  ここは、美しい石畳や 古い街並みが
  約800m続き、道沿いには
  お土産屋さんや 食事処も多くあるため
  観光スポットとして人気があるようです
  


 早速、我々も
 古い街並みを歩いて行きます

 郵便局や銀行も
 景観を損なわないように
 ちゃんと同じ仕様に
 建てられてました

 しかし、先が見えない…
 


 これが あの赤福か!!
 (食べられないので
  未購入)

 碁会所!碁会所!
 (なぜか舞い上がる)

  そうこうするうち、通りの中でも
  一番 混雑していると思われる辺りへ
  もはや、人しか見えません…
  ゆっくり お店を見る余裕もなし
  寒くなってきたので、先を急ぐことにしました

  おかげ横丁の しろがね屋…
  (名前的に)気になっていたんだが… ←え


  やっとのことで、内宮の宇治橋鳥居に到着!
  でも ここはまだ 第1鳥居でもないのね…
  柱は、旧御正殿の棟持柱を
  リサイクルしているそうです
  この柱だけでも、ご利益ありそうな?(笑)

  こちらは 外宮と逆で、右側通行になっています
  




宇治橋を渡って行きます…が、人が絶え間なく来て
橋全体を撮影することは不可能でした(笑)
また、事前の調べが甘かったので この時は知らなかったのですが
宇治橋の西北側2本目の擬宝珠の中には
橋の安全を祈った お札が 収められているようです
知ってたら、絶対 触ってきたんだけどなぁ… 残念!
五十鈴川が 日差しでキラキラ輝いて、とても綺麗でしたよ




橋を渡ると、道幅の広い 砂利の道に出ました
ここは 神苑にあたるようです
道の脇の庭園では、係りの人が 綺麗に手入れしていましたよ

ここを進んでいくと 鳥居があるわけなのですが
先に 子安神社にお参りしよう!となり
道を外れて、小道に入っていきます


  ここは、大山祇神社と 子安神社があるところ
  先ほどの参道と違い、ひっそりとしています
  大山祇神社とは、天照の兄弟である
  大山津見神(おおやまづみのかみ)を、
  子安神社は、その娘である
  木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を
  祀っているところです
  縁結び、安産などの信仰があるみたい

  サクヤ姫…といえば、『大神』やったひとには
  お馴染みの神様ですね(笑)
  ここで 少し疑問…
  『大神』では、木花之佐久夜毘売…という
  表記なんですが
  じつは、違う神様だったりする…のかな??
  人物相関図的には、同一人物だと思うんだけど…
  神様の名前は ややこしいですな


さて、参道に戻りまして どんどん進んでいくと
第1鳥居がありまして、手水舎があります
それを少し進むと、前方に見えてくるのは 御手洗場です!




五十鈴川で 直接 手を洗える!ってなわけで
どうせなら、この川で 身を清めようと 川に近づいてみると
その透明度に ビックリ!
結構 水深ありそうなのに、川底が見える~!
水の色も、どことなく 青みかかっていて 神秘的でした
対岸の紅葉もきれいで、まさに 心身ともに清らかな気持ちになりましたよ!


  第2鳥居をくぐった先には
  神楽殿がありました
  ここも外宮と同じく、お守りやお札 御朱印を
  いただけるようです
  
  しかも この日は なんと、結婚式があり
  神楽殿のあたりや 御正殿の中で
  式が行われていました!
  こんな場所で出来るなんて、すげー!(笑)



  神楽殿から御正殿に向かう道には
  巨木が 何本もそびえ立っていて
  入り口の 整然とした庭園とは違い
  だんだん原生林化してきました(笑)
  一体、樹齢は何年なんだろう
  道のド真ん中に、何本も生えてるってことは
  ここが出来るより ずっと前からなのかな??


  ようやく見えてきた 御正殿の入り口
  長い石段があり、大勢の人が
  参拝に訪れています 大行列!!

  お参りする場所や、神殿の形などは
  外宮と ほとんど同じですが
  1つだけ、外宮の時とは違う現象が…


  参拝をする門の前に掛けられた
  絹の御幌(みとばり)が 風に吹かれ
  時々、フワッと舞い上がり
  その向こうにある 神殿が見えるのです
  でも不思議なことに、ここ以外の場所は
  風が吹いてるわけではないんですよ!
  この風は どこから来てるんだろう…?
  そう思うと、より一層 神秘的で
  神聖なものを感じました!





不思議な体験に、なんだか高揚した気持ちになりながら
本殿の脇道を通って 荒祭宮に向かいます
見上げると、神明造の屋根の一部が見えました


  程なくして、荒祭宮に到着
  ここは、天照大神の荒御魂をまつっています
  調べによると、御正殿と同じくらいの
  神格を持つ別宮のようで
  ここも、参拝する人で 大行列になっていました

  ところで、ここに至る途中の石段に
  踏まぬ石 なるものがあったようなのですが
  全く気づきませんでした(爆)
  どなたか、行かれる方は 探してみてください…


  そんなわけで、駆け足でめぐってきた お伊勢様参り
  最後は 神楽殿で、御朱印とお守りを買い
  参集殿という 休憩所の方を通って
  再び、宇治橋を渡っていくのでした
  神楽殿で売られていた 神棚が
  神殿と同じ 茅葺だったのがカッコ良かった(笑)
  あれ、いつか欲しいなぁ… ←え


  まだまだ 混雑している おはらい町で
  軽く食べ歩きしながら
  駐車場に向かって 歩いていく
  
  ←草むらで ネコが日向ぼっこ
   しているのを発見

  ここで お土産を買うのは大変だと思い
  特に 何も探さなかったのですが…


  一つだけ、気になっていたものがあったので
  お試しサイズを買ってみました
  知っている方もいるかもしれませんが
  伊勢の薬 萬金丹 です!
  富山の薬と同じくらい有名な
  600年の歴史を持つ胃腸薬で
  武士も持ち歩いていたそうです
  私は 漢方の方が 身体に合っているので
  どうかと思い、買ってみたのでした


実は この萬金丹、今回の旅で 非常に重要な役割を果たすことになるのですが…
それは また後日の話ってことで!!

駐車場に着き、次は 急いで 奈良の宿に向かいます!!
夕飯の時間までにチェックインしなければならなかったのですが
予想より、高速道路が渋滞してしまい
このままでは間に合わない事態に!!(@_@)
慌てて 別ルートを探し、何とか 予定の30分遅れで宿に着いたのでした

奈良の宿は、保養所みたいな感じですが 料理はどれも美味しく
お風呂も 気持ち良くて、観光地に近い そして安めという
何とも ありがたい宿でした(笑)
ここに2連泊しましたが、延々と長くなってしまうので
詳しいことは また他の記事で書こうと思います
そんなわけで、ひとまず 1日目の詳細でしたー!
スポンサーサイト
EDIT  |  20:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

紅葉の季節に旅行は、いいですね。
今年の紅葉は遅かったですね。

直後のレッスン、おつかれさまです。
ひっきー |  2011.12.06(火) 10:45 |  URL |  【コメント編集】

■ひっきーさんへ

紅葉、もう終わってるだろうなと思っていたのですが
今年は遅めだったみたいですね!
ちょうどいい時期に旅行できて 良かったです♪
特に 京都辺りは 見ごろで、綺麗でしたよ~
そのことを早く記事にしたいのですが
1つ1つが長いから、なかなか進みませんで(笑)
来週あたりには お届けできるのではないかと思います(^_^;)
よかったらまた 覗きに来てみてください~

旅行直後のレッスンは、ずいぶん練習してなかったので
若干 左手が筋肉痛になりました(爆)
己の あまりの貧弱さに 泣けましたよ…
しのぶ |  2011.12.07(水) 21:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。