2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.07 (Wed)

旅行2日目(1) 奈良編 興福寺と東大寺

1日目が 相当に長い記事になりましたが
2日目は 更に長いため(爆)、記事を2回に分けて お送りしたいと思います~

前日の夜、ドタバタと 慌ただしくやって来てしまった奈良…
到着時は真っ暗だったため、宿の周辺がどうなっているのかさえ 見えなかったけど
事前に 奈良公園近辺の地図をチェックしていたため
この日の見学コースは すでに脳内にインプット済み(笑)
あとは アクシデント無く 予定通りに回れるか、体力がもつか…というところが
一番の懸念事項でした

宿の朝食を食べた後、いよいよ散策に出発!
まずは、阿修羅像のある国宝館に向かいます
阿修羅像は ファンクラブがあるほど人気があり(笑)
人出が多いときは2時間待ち!とか 恐ろしい情報を聞いていたため
先に並んでおいて、あとの予定をたてやすくするためです



宿は 奈良公園のすぐ南側にあるため、真っ直ぐ行けば 東大寺に着くのですが
目指す国宝館は ここより西側…
途中、池の景色や 紅葉を楽しみつつ、公園を横切り 興福寺に向かっていきます


  公園を東西に突っ切る春日大社の参道を
  逆走する感じで(笑)西へ
  朝早いので、まだ人は あまりいませんでした

  見渡すと、いるのは 鹿ばかり…
  ボンヤリしていると、
  フンを踏みそうになるので危険です!



  しばらく歩いていくと
  目の前に、大きな五重塔が!
  テンションアップ!


  ←興福寺全体図

  興福寺は藤原不比等が710年に創建したお寺で
  国宝の宝庫らしいです
  中央の一番大きなお堂、中金堂は
  江戸時代に焼失してからは しばらく再建されず
  やっと去年から着工されたそうな
  そんなわけで、ただいま 再建の真っ只中です


  東側のお堂、東金堂と五重塔

  よく観光パンフレットとかで見る
  構図で撮影してみました
  東金堂は薬師如来様が御本尊で
  中に入って見ることもできるのですが
  まずは国宝館にいかねば!と、
  こちらは外からのお参りのみでした


  ←国宝館の外観を撮り忘れたので看板で代用

  国宝館は、東金堂のすぐそばにありましたが
  予想を裏切り、めちゃくちゃ空いてました(笑)
  団体客が来る前だったのが良かったみたいです♪
  早速、中にはいると 建物は意外と近代的な造り
  入るなり、巨大な金剛力士像の頭があり
  インパクトありました!


数々の国宝は、どれも圧巻でしたが
中央にある千手観音像が一番迫力があり、思わず手を合わせました
あの当時こんな巨大な観音像を見せられたら、そりゃ崇めたくもなるよね(笑)
目的の阿修羅像は、八部衆の1人として列の中に並んでいましたが
やはり他と比べると、全体のバランスとか 特別に違う気がしました
小顔で8等身なんだってね… 羨ましい… ←え

  国宝館を出て、社務所(プレハブ)で
  御朱印をいただこうとしたら
  4種類もあって迷いました(@_@)
  興福寺全体のもの、中金堂、東金堂、詩…とあったので
  私は何となく東金堂を選択してみました

  ←建設中の中金堂
  中金堂…すごい巨大です
  完成したら、また見に来たいな!
  平成30年に完全予定だそうです!


  そしてこちらは南円堂
  南円堂は、興福寺の端にあり
  西国三十三所観音霊場の1つのようです
  八角形のお堂が カッコいい(笑)
  
  でも 心なしか、この辺り一帯は
  なんだか のんびりした空気が漂っていて
  近所の神社に お参りに来たかような親近感を
  抱きました
  社務所では 年賀状を書いてましたし…(笑)




【More・・・】

その後 大通りに出て、ひたすら東に歩いていくと
東大寺の参道入り口に着きました
この辺りに来ると、人力車のお兄さんが
あちこちで営業していて声をかけられます(笑)
丁重にお断りしつつ 先を急ぐと、これまで以上に鹿が…!
彼らにとっても、鹿せんべいをゲットする絶好のポイントなんだろうね(^_^;)




  鹿と人の波を乗り越え
  ようやく 南大門が近づいてきました
  大きな南大門の内側には
  これまた 大きな金剛力士像が!
  さすが(?) 東大寺!
  力士像が 向かい合って立っているのは
  珍しいんだとか?!


  南大門を抜けても、まだ道は続き
  大仏殿前の門まで、ひたすら進みます
  一口に東大寺と言っても、敷地が広大で
  いろんな建物があるから
  正直、1日じゃ回り切れないよね…

  大仏殿は 正面からは入れないので
  塀に沿って左へ進み
  拝観料を払ってから中に入ります




ようやく見えてきた 大仏殿!!
修学旅行で来た記憶があるけど、改めて見ても デカいー!
全体を撮るには 相当 引かないと入らない(笑)
世界最古の木造古建築なんだって!

  大仏殿の中は撮影OKのようだったので
  早速、大仏様をパチリ
  初めて見た旦那は 大きさに感動していました
  後ろから見たら、つっかえ棒みたいなのがあるのが
  面白かったよ~(え)

  しかし、ここは中国人観光客が多くて
  大仏の鼻の穴と同じ大きさだという柱の穴を
  みんなで 順番に楽しそうにくぐっていました
  私は 出られなくなりそうな気がしたので止めたよ…





大仏を堪能したあとは、10月にオープンしたばかりという 東大寺ミュージアムへ!
本当に真新しくて 綺麗で、近代的な建物でした
東大寺ミュージアムの中には カフェがあったので
ここで暖を取りつつ、休憩…
抹茶と、青蓮という名前の和菓子をいただいてみました
(いえ、決して名前で決めたわけでは 笑)
甘さ控えめで おいしかった~♪

東大寺には 他にも、二月堂、法華堂、戒壇堂などなど
見どころも満載なのですが
時間的に 全て見るのは不可能と判断
次の目的地に 向かうことにしたのでした



その後、近道と思しき参道を通って 春日大社へ
このあたりにも 鹿がたくさん生息していました
せっかくなので鹿せんべいをあげようと、カバンをガサガサしていると
急に 目の色が変わるから怖いです!!(笑)


  鹿に注意するように促した看板が
  公園近辺には、あちこち設置されていました
  絵はかわいいのに、内容はなかなか激しいです(笑)
  突進とかされたらヤダなぁ

  彼らも野生動物、かわいいだけではない…





春日大社までは、森のような景色が延々と続き
空気も ひんやりとしていました
神社は 森の奥深くにあるのが 定番なんだろうかね??

やっとのことで第2鳥居に着くも、この先は長い坂道が続き
地味に 疲れが蓄積されていきます(笑)
通りの左右には 灯篭がたくさん並んでいて、何だろうと思っていましたが
観光ガイドさんの話を盗み聞きしたところによると、
800年も昔から、広く一般の人々から奉納され続けた結果で
今では なんと 3千くらいあるらしい!

  
  これが一斉に灯ったら、圧巻だろうな~と
  考えながら 進んでいくと
  ようやく 神社の入り口が見えてきました!

  …その2へ 続く!

スポンサーサイト
EDIT  |  21:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。