2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.15 (Thu)

旅行3日目 奈良から京都へ

前回の記事更新から ずいぶん間が開いてしまいました(^_^;)
金曜→飲み会、土曜→レッスン、日曜→逆転部と
イベント(?)目白押しだったうえ
今週は 風邪ひいて、あまりパソコンの前に座らなかったので
ますます 更新が遅くなってしまいました
紅葉の話がまだ書き終わらないうちに
すでに世の中は 雪の話題になってきてしまったので(笑)
いいかげん、急いでまとめねば~(@_@)
レッスン、逆転部の話は こっちが終わってからにします!


さて、旅行の3日目は 京都への移動も含まれているので
これまた時間との勝負でした

まずは、奈良公園内にある奈良国立博物館へ!
実はココ、最初は 奈良観光の初日に行く予定だったのですが
その日が 運悪く 定休日だということが分かり
急遽、予定を変更して 先に飛鳥の里に行くことになったのでした
それのせいで ドタバタしたスケジュールになったこともあり
半ば、意地でも行ってやろう!という気持ちになりました(笑)

  そんなわけで、朝一で奈良の宿を旅立ち
  博物館近くの駐車場を探して、
  そこから歩いて向かいました

  博物館は、興福寺のすぐ隣りにあり
  広い敷地内に、仏像館(旧館)と新館があります




なら仏像館は、もともとは本館と呼ばれていましたが
去年リニューアルして、今の名前に変わったそうです
明治時代風の建物がカッコ良いです♪ (写真は裏口… 正面のがカッコいい)
新館は正倉院をモチーフにした外観になっているそうです
やたらと長くて、写真に収まりません(笑)

  まずは仏像館に行こう~!と歩いていくと
  何やら看板が…

  …なに?!
  新館はただいま休館中とな?!(爆)

  ことごとく志気を挫かれ、ガッカリしましたが
  とりあえず、見たかった仏像館には
  入れるので良かった…(^_^;)



  仏像館には、いろんな時代の仏像
  大小 さまざまなものが展示されていました
  興味深かったのは、中国の仏像もあり
  日本とは 少しデザインが違ったりしました
  動物をかたどったもの、仮面など
  仏像に限らず、いろんなものも展示されていて
  まさに「仏像館」って感じでした!
  別館では、中国の青銅器も展示されていて
  なかなか楽しかったです!


新館との連絡通路に、ミュージアムショップがあったようなのですが
この時は 新館が休館ってことだったので
最初から 行けないものと思い込んでいたこともあり
覗いてみるのを すっかり忘れてしまいました
もしかしたら やってたのかなぁ… うーん、残念!

しかし、このあとのスケジュールを考えると
寄り道しなくて正解だったのかもしれません
なにしろ、これから 斑鳩に向かい そのあと宇治に行かねばならないからです!
最初の予定では、これで 奈良に別れを告げ
早めに京都へ向かうつもりだったのですが
飛鳥の里を見た旦那が、「やっぱり 法隆寺に行きたい!」と
急に言い出したからです(笑)
予定通りにいかないのが 旅の楽しみでもあるわけですが…
さて、どうなることやら??

【More・・・】

斑鳩は、奈良公園からは だいたい10kmくらい?離れています
飛鳥の里に向かうより 全然近いので 何とかなるかな?とは思いましたが
主要道路沿いにあるため、道が混雑していて
思ったよりも時間がかかってしまいました
もしかしたら、駐車場が混んでて止められないかもしれないと思い
法隆寺の正面ではなく、東側にある 中宮寺から
参拝してみることにしました


  法隆寺も とても広いので
  位置関係を説明するために 地図を載せますと
  写真 左側が 西院伽藍
  右側のかたまりが 東院伽藍 となっていて
  有名な五重塔などは西側
  夢殿は 東側にあります

  目指す 中宮寺は東の端です!  

  外れにある駐車場に車を止め、
  土塀に囲まれた 趣のある小道を行くと
  法隆寺の 東院伽藍 入り口に着きました

  平日にもかかわらず
  この日も、団体のお客さんが大勢いましたよ!


  入り口をくぐって、まず目に飛び込んでくるのは
  かの有名な、夢殿!!
  おお!と思ってカメラを構えると
  「あっちの端から撮ると全体が入るよ」と
  お坊さんが教えてくださいました(笑)
  早速 教えてもらったポイントから撮影!
  八角形のお堂は 存在感がありますね~
  中を覗くと、八角に合わせて 小さな畳があり
  ここで写経とかするのかな?と思いました




周囲の回廊も含め、 ここは どことなく神秘的な空間でした
時期が少しずれ、秘仏の救世観音が見られなかったのは 残念~


  鐘楼を眺めつつ、さらに奥の方に進むと
  ↓ 中宮寺の入り口に到着

  ここは、聖徳太子のお母さんの御所跡を
  お寺に改めたところだという事で
  何となく、随所に 女性らしい雰囲気が
  漂っているような場所でした
  庭園が 整っていて 綺麗でした




  さらに奥に進むと、何とも言えない 不思議な雰囲気の
  本堂がありました
  真四角の池の中央に、神殿のように建っていて
  周囲は 山吹が植えられています

  すごく特別な場所に来た!という感じがして
  感激しましたが、あとで
  この建物は、昭和43年 高松宮妃殿下の
  発願によって建てられた
  わりと新しいものと分かりました
  


  しかし、感動したのは 本堂の造りだけでなく
  御本尊である 菩薩半跏像
  漆黒に輝く この美しい像は
  スフィンクス、モナリザと並び
  「世界の三つの微笑像」と呼ばれているそうです
  しかし、そんなことを知らなくても
  その佇まいに 思わず 魅入ってしまいました

  ttp://www.chuguji.jp/index.html
  (頭にhをつけてね)



  ここを見ただけで、もう満腹な気分に
  なりましたが
  見学は まだまだ 終わってません(笑)

  次は 法隆寺のメイン!ともいうべき
  西院伽藍に向かいます



修学旅行生の塊(複数)と一緒に、長い道を歩いていく
途中、東大門をくぐり 更にどんどん進んでいくと
ようやく 五重塔が見えてきました!
ここが本来の正面口
よく 修学旅行で 集合写真を撮る場所ですね(笑)




  ↑ 五重塔、金堂、大講堂…と
  西院伽藍は国宝の建物ばかりです
  国宝だらけで、感覚がマヒしてきました(笑)
  建物のサイズ的には、←大講堂の方が
  かなり重要な建物っぽいですが
  法隆寺の御本尊を安置しているのは 金堂のほうで
  内部には 壁画が描かれていました
  聖徳太子のために作られた釈迦三尊像など
  所狭しと並んでいましたよ~




そして、回廊からは 隣りの聖霊院の庭が見えるのですが
庭の紅葉が とても綺麗でした!
回廊を歩きながら 連子窓ごしに 紅葉を眺めると
ちょうど コマ送りしているように見え
映画のワンシーンみたいで、何ともいえない不思議な感覚になりました


  回廊を出て、すぐ左に 聖霊院があります
  聖霊院は もともとは僧侶の住居だったそうですが
  今は改造され、聖徳太子の像が安置してあります

  こちらで御朱印をいただけるので
  あがらせてもらい、お参りもしてきました




その後、大宝蔵院を見学しました!
ここには、お札の絵で有名な あの聖徳太子の掛け軸や
百済観音、玉虫厨子などが展示されていました
しかし、この時代のものとなると さすがに色褪せてしまって
当時どんな色彩だったのかは 想像するしかありません
きっと、華やかな装飾が施されてたんだろうなぁ
でも、こんな古い物が 現代まで残ってるだけでも 奇跡だよね~!

そんな感じで、駆け足で 法隆寺を見て回った後は、いよいよ京都へ!
最初の目的地は 宇治の平等院です
ここも、旦那がどうしても行きたい!と言っていた場所の一つでした
私は修学旅行で来たことがあったけど、もはや記憶も曖昧…
確かに見たはずだけど、どこをどう歩いたかも思い出せません~
ひとまず、日が暮れる前に 現地に向かいます!


  奈良から 宇治までは、結構近く
  1時間以内に 平等院に到着しました
  しかし、駐車場の関係で 正面の参道から
  お参りすることが出来ず
  本来の 正門からではなく
  裏手にある ミュージアム入口から入ることにしました

  ミュージアムはガラス張りで、やけに近代的!
  10年前に改築されたばかりみたいです
  確かに、昔はこんなの無かったよな??


  ミュージアムの中は、境内と本堂をお参りした後
  ゆっくり見に来られるので
  ここでは スルーしましたが
  本堂の扉絵の複製や、屋根についてる鳳凰
  雲中供養菩薩の一部などが展示されていて
  中も とても綺麗でしたよー
  特別展の 浄土瑠璃が すごく綺麗でした
  お土産も売っています!




  さて、では ミュージアムの脇を抜け
  南門から 中に入っていきます

  門の向こうには 紅葉が見え
  期待に胸が膨らみますね!



  門の先は少しひらけていて
  浄土院という お寺がありました
  こちらで御朱印をもらうことができました♪
  ここから、回り込んでいくと 鳳凰堂の正面にでます
  その途中、不動堂というところもあり
  気づかずに 通り過ぎてしまったのですが
  のちに知ったところによると
  役小角(えんのおづぬ)の像があったとか!!
  うおー! おづぬ様! 見たかった!(笑)




そんなこんなで、ようやく 正面に出た 平等院鳳凰堂!!
建物のバランスが カッコいいよね! 池に映った姿も また いい♪
しかし 人気のスポットということもあり
正面から撮影しようと試みると、大勢の人で 遮られる(涙)

とりあえず、本堂の中を見学しよう!ということで
受付で予約を入れ(拝観時間が 20分毎で区切られているため)
時間まで 藤棚のそばで しばしくつろぐ…
ここも 咲いていたら すごく綺麗なんだろうな~

そうこうするうちに 時間になり、定員20名ほどで ゾロゾロと中に入っていきます
本堂の中は 非常に狭く、しかも「絶対触れるな!」と言われたため
みんな ギュウギュウで 中に入りましたが
本尊の阿弥陀如来像は 大きくて迫力があり
かすれて見えにくいけど、扉には9通りの来迎(お迎えの様子)が描かれ
雲中供養菩薩という、雲に乗って楽器を持った菩薩像が
たくさん飾られていました
極楽浄土の宮殿がモデルというだけあって
今まで見てきたお寺とは、一味違うな?!という感じでした


  本堂を見学した後は、境内を散策しつつ
  さきほど紹介した ミュージアムへ
  解説を聞いてからだと、
  展示されているものにも
  より一層 興味がわきますよね
  前に 修学旅行で来たときは
  本堂の中まで入らなかった気がするので
  今回、見られて良かったな!


  目的は果たしたので
  ここで 宿に向かっても
  良かったのですが
  どうせなら、参道にも
  行こうか?となり
  一旦、南門から出て
  平等院の横を抜ける道を
  宇治川沿いに
  歩いて行きます



間もなく、平等院の正門のところに出てきました
ここから 数百メートルほどの道が 参道で
通りには、お茶屋さんの老舗が 何軒も連なっていました
これだけ老舗が並んでいると、どこが良いのか 逆に迷うよね(笑)

  お茶のいい香りに包まれながら歩いていると
  宇治橋に到着しました
  紫式部の像があったので、思わず撮影(笑)
  橋の向こうには、源氏物語ミュージアムや
  宇治上神社など
  観光スポットもあるようでしたが…
  


  だんだん 日も傾いてきて
  空気もヒンヤリとしてきました
  
  あれこれ欲張ってはいけないなと判断し
  宇治観光は ここまで!
  あとは 宿に向かって まっしぐらです!


しかし、大方の予想通り 市内は 結構 渋滞していて
車は なかなか進まない…
そのうち 辺りは暗くなり、夜になって 市内は ますます混雑!
ホテルに着くのが、またも ギリギリになってしまったのでした




  でも、ホテルは 思った以上に広くて綺麗でした!
  ていうか、セレブ??!(笑)
  こんなに広いベッドで寝たことねぇよ~
  逆に 落ち着かねぇよ~(庶民)
  お安いプランにしたのに
  ゴージャスだったので、ビックリでした

  そして、夜は お約束の湯豆腐…
  こっちの値段にも ビックリしたよ…(爆)


そんな感じで、やっと 3日目の内容がまとめ終わりました!(長)
次は、もっと長いので 再び2回に分けて お送りしたいと思います~

スポンサーサイト
EDIT  |  22:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。