2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.21 (Wed)

旅行4日目(1) 京都 南禅寺と永観堂

ようやく 紅葉の記事が書けるところまで辿り着きましたが
あまりに長いので、自分でも まとめるのが億劫になってきました… ←え
ここも 写真多用で チャッチャと終わらせたいと思います!!

前日の夜、ようやく 京都に到着した私たち…
夕飯で湯豆腐を食べた後は、フワフワ布団の快適なベッドで 爆睡しました
連日 2万歩以上 歩き続けているため、当然 足は筋肉痛なのですが
その筋肉痛も、ふくらはぎ、ヒザ裏、脛…と
日々 痛い箇所が変わり、しかも 場所が増えていくという過酷さ(笑)
この日も 2万歩越え確実な 過密スケジュールの予定だったので
朝から バンテ○ンを塗り、試練に備えます!!



ホテルの朝食は バイキング形式で、初日は 大広間が会場でした
大きな窓からは、京都の町が一望できます
これから あの辺りに向かうんだな~と、イメージを膨らませながら 腹ごしらえ
コーンスープとスクランブルエッグが美味しかったなぁ

朝食の後 装備を整え、いざ 出発!
今回は、京都の東側を歩いてめぐるルートで
南禅寺→永観堂→法然院→銀閣寺→真如堂→平安神宮→八坂神社
…という 紅葉を楽しめそうなコースにしてみました
混んでるし、この通りに 回りきれるのか??という不安もありましたが
アクシデントも旅の楽しみ
まあ 何とかなるさ!的なノリで 出発したのでした




泊まったホテルから 南禅寺までは、徒歩で10分くらいしか かからなかったので
あっという間に、南禅寺の入り口に到着!
道の脇には、真っ赤な落ち葉が敷きつめられていて
いきなりテンションが上がります♪
しかし のちに会社の人に聞いた話では
こういう落ち葉も、ちゃんと お寺の人が 掃いて拾い集め
再び 綺麗に見えるように撒いてるんだとか(笑)
綺麗な景観を保つのも、結構大変なのですね…


  境内に入ると、朝一だというのに
  すでに団体客が 大勢やってきていました
  
  紅葉の綺麗な道を、少し歩いていくと…

  きたー! 三門!!
  雑誌の紅葉特集などで ここの写真を
  見ていたので
  まさに そのまんまだな!と感動しました~
  日本三大門のひとつだそうで
  歌舞伎の石川五右衛門でも 有名なんだそうですね!
  そういう細かい情報は 事前に知らなかったので
  この日は 見上げるばかりでしたが
  楼上にも 登ってみたら良かったかもなぁ

  苔むした庭園が 朝日を浴びて
  キラキラと輝いていたのが美しかったです
  ここは 朝早い方がオススメかも?

  そのまま真っ直ぐ行って突き当たりにある
  法堂に お参りしました
  内部は ハッキリ見えなかったけど
  像の他に 天井絵もあるんですね
  そういえば 御朱印は貰わなかったけど
  そういう場所があったのかな…?


  脇道にそれていくと 水道橋があるので
  そっちにも行ってみました
  この疎水は、よく撮影にも使われてる
  場所みたいですね
  今も 琵琶湖から市内へ 水を運んでいるそうな
  そういえば ホテルからここへ来る途中
  レンガ造りの発電所跡みたいのもあったなぁ


紅葉は もう 終わってるかも?と思いながら やって来た京都でしたが
思いがけず、ちょうど良いタイミングだったみたいで
この段階で すでに 紅葉を満喫した気持ちになりましたが
まだまだ先は長いので、ここは長居せずに ササッと次の目的地に向かいます

次は すぐ隣辺りにある 永観堂(禅林寺)
こちらは モミジの名所ということで、かなり楽しみにしていました



  永観堂は、春と秋のみ 特別公開されていて
  奥の方まで 拝観できました
  人気のスポットということもあり
  入口あたりからすでに混雑してましたよ!
  (写真は 入り口の総門です)



  少し進むと 中門があり、
  そこで拝観料を払います
  門を抜けると
  その先は どこを見ても紅葉!!
  すごく良い時期に当たってよかったー♪



【More・・・】



庭園は どこも真っ赤に色づいていて、多くの人が散策していました
池の周りの紅葉が 特に素晴らしかったです♪
しかし、庭園も 結構な広さなので
あまり ゆっくりしていると 時間が無くなると思い
ほどほどのところで切り上げ、お堂の方に向かいます


  こちらの 大玄関から、中に入っていきます
  あまりに人が多いので
  御朱印帳も、ここに預けておいて
  帰りに受け取るシステムになってました
  靴も、袋に入れて 各自で持って歩きます!




入ってすぐ右手に見える庭園や、中庭は 風情がありました~
中庭をぐるっと囲む 古方丈、瑞紫殿、釈迦堂には
それぞれ 寺宝が展示されていて
人の流れに沿って歩きながら、ゆっくり鑑賞できました
…というか、混みすぎてて ゆっくりしか進まないんですが(笑)





  ← 中庭の池に住む鯉


  ↓ 釈迦堂から見える庭園は
    どこを見ても 綺麗でした
    こういう雰囲気の庭って 好きだな~






  釈迦堂から 御影堂へ 回廊を通って進み
  お堂の周りを ぐるっと回って
  また 別の回廊へ…
  全てのお堂が 回廊でつながっているのが便利ですね
  そして、その回廊そのものも
  いい雰囲気を醸し出しております
  どんどん登っていくのが また楽しい♪



  回廊の途中に、水琴窟がありました
  水を流すと、奥の方から
  琴の音みたいなのが聴こえてきて
  不思議 & 癒されました!
  どういう仕組みなんだろう?と思ったら
  逆さに埋めた瓶の中に 水滴が落ちて
  その音が反響しているんだとか??
  こういうの、よく考え付くなぁ…感心




更に どんどん登っていくと、一番上の 阿弥陀堂(本堂)に到着
こちらのお堂は、色彩が華やかです!!
こちらには、御本尊の「みかえり阿弥陀像」が安置されています
正面から見ると、左の方に顔を向けていて とても珍しい仏像でした



ずいぶん上まで登ってきたので、最後は 阿弥陀堂の前にある長い階段を下っていき
庭園の方に戻ってきました
ずいぶんゆっくりと 見学してきたような感じがします

  阿弥陀堂の前に、境内の案内図があったので
  見てみましたが
  こうしてみると、ずいぶん広い(笑)
  お寺1つ回るのも 結構 時間がかかるものですね…

  そう考えると、この先のスケジュールが
  ちゃんとこなせるのか、不安になってきたので
  (すでに予定より 時間がかかっている)
  若干 急ぎ足で、次の目的地に向かうことにしました

  本当は、この御影堂の脇を抜けていくと
  多宝塔という、高台にあるお堂に行け
  そこからの見晴らしが 最高らしいのですが
  筋肉痛の足が、「登り道」という言葉に
  拒否反応を起こしていて(笑)
  結局 行かずじまいでした
  今思えば、行っておけばよかったなぁ…
  きっと、絶景だったに違いありません(T_T)

そんなわけで、最初から 濃い内容の4日目…
この先も まだまだ あちこち寄っているので、なかなか まとまらず
年内に終わるのか 心配になってきたので ←え
この日の記事は 3つくらいに分けようと思います!
というわけで、その2を お楽しみに?!
スポンサーサイト
EDIT  |  15:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。