2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.04.21 (Sat)

金沢 お花見ツアー 2日目

桜も すっかり散ってしまい、春めいた陽気になってきましたね
うちの近所には 毎年 ウグイスがやってくるのですが
今年も さえずりが聞こえてくる季節になりました
鳴き方が下手なので、いつも笑わせてもらってます ←え

今日はレッスンなのですが、金沢旅行の話が一向にまとまってないので
先に 少しでも仕上げてしまおうかと思います
写真満載で、一気に書いていきますよー!




義弟くんが調子悪くて倒れていたという 衝撃の展開から一夜明け…
とりあえず、宿で朝食をとる 我々夫婦
今日は どうしたものか??と思い、
義弟くんの部屋に泊まっているお義母さんに連絡を取ると
そんな状態にもかかわらず、本日も義弟くんは部活に行ったそうな!
帰ってくるまで お義母さんは 部屋を片付けているので
午後に迎えに来て…と言われ
それじゃあ、午前中は 観光でもしておこうか??となりました

金沢と言えば、加賀百万石として栄えた城下町
お城や兼六園のほかにも 古都の街並みなども有名なので
それらを見に行ってみることにしました
市内には、長屋武家屋敷跡、にし茶屋街、ひがし茶屋街といった
街並みを見ることができる場所があるので
まずは、武家屋敷に向かってみます




繁華街から少し入っていったところに車を止め、歩いていくと
藩士の住居跡が並んだ街並みが残っている地区が見えてきました
用水路沿いに土塀が続いていて、雰囲気があります♪
お店などもチラホラありますが、だいたいが一般の家なので
街並みを眺めながら進んでいくと…

  立派な古民家が見えてきました
  旦那が、「ここ、入ろう!」と
  珍しく強い反応を示したので
  覗いてみることにしました

  ここは、金沢市老舗記念館
  「自ら老舗と言ってるところがいい」という
  旦那の良く分からない理由で
  入ることにしましたが(笑)
  中は、とってもいい雰囲気でした!


  開館時間には 少し早かったのですが
  館長が優しい方だったので
  快く 入れてもらえました
  
  玄関から奥に見えるガラス戸
  昔はあそこが お店の入り口だったのかな?



  というのも、ここは昔 中屋薬舗という
  薬屋さんだった場所
  入っていくと、みせの間というところに
  昔使っていたタンスや火鉢
  看板などが展示してありました
  タンスの棚には、私がお世話になっている
  萬金丹みたいな 白い薬の袋が…
  昔の薬って、みんなあんな感じだったのね~



  更に進むと、みせの間の裏には
  囲炉裏のある、吹き抜けが高い部屋へ
  ここは、おえの間というみたいです
  
  ここからは、靴を脱いで 屋敷の中へ



  ここから庭が見えるのですが
  縁側に座って 庭を眺めていると
  えらく落ち着きます・・・
  こういう家に住んでみたいなぁと
  勝手な想像をしつつ
  奥に進みます




奥には立派な茶室、座敷には着物がかけられ 書院も見えました
庭に出ることもでき、しばし庭園を散歩…
朝早かったからか、他にお客さんもいなかったので
ホントに落ち着く空間でした
ますます古民家に住んでみたくなったよ
でも きっと、隙間風とかで寒いんだろうなぁ(笑)


  2階は展示場になっていて
  金沢の婚礼模様が展示してありました
  今も こんな風習だったとしたら
  えらいゴージャスだねぇ…

  ↓ 昔使っていた道具なども展示されていて
  どれもこれも豪華な品々でした
  昔のお弁当BOXが なんかカッコいいYO!
  これで花見とか行ったんだろうかね??




館内写真OKとのことだったので 撮りまくってしまいましたが
いいところでした
旦那の直感も 捨てたもんじゃないね(笑)

  その後は、向かいにある 前田土佐守家資料館へ
  前田土佐守家は、利家の次男である
  利政を家祖とした家系で
  長く加賀藩の要職につき
  明治以降も家は継続されてるそうです
  戦国時代の資料だけでなく
  明治、昭和時代の資料もあり
  捕鯨の様子を書いた絵とか、面白かったです
  甲冑すごろくが 結構 ツボでした(笑)



【More・・・】

ここで道を引き返し、今度は 武家屋敷跡へ
ここ、やたらと外人観光客が多いなぁと思っていたら
なんと、ミシュランガイド2つ星の場所!
庭園も、全国3位に選ばれているらしいです



入り口からして風情のあるお屋敷は、前田家の直臣 野村家の跡
昭和初期に商人が豪邸の一部を移築して
現在の姿になっているそうです
入ってすぐに 鎧が飾ってあったり、外人さんが喜びそうな雰囲気!



ここは謁見の間、天井が丸くなってるのが面白いです
隣に 武者隠し という狭い通路があり
謁見中に、部下が控えて隠れるところとして使っていたようです


  それにしても、庭園が素晴らしい!
  写真で表現できないのが残念ですが
  狭い敷地内でも、高さが2段式になっていて
  小さな滝もあり、立体感が良い感じ
  見ていて、ホントに気持ちがいいです
  何とか魅力を伝えようと、写真撮りまくってみました
  いや、実際に行ってみるのが一番だよね!







  そして 庭園の奥に見える、
  少し高いところにある この小屋…
  実は、離れの茶室になってます
  まだ観光客も少ないので
  ちょっと覗いてみることにしました




石段を登っていくと、茶室と控えの間がありました
そして、小部屋では 上品そうな おば様が控えていらして
どうやら ここで、お茶をたててもらえるらしい!(@_@)
そんなの、やってもらうしかないじゃなーい!!(笑)



人が少ないのをいいことに、1部屋占拠して
庭園を上から眺めながらの 抹茶… 最高です!!
見よう見まねの作法で お茶を飲んでいると
もの珍しそうに我々を見て行く外人さんたち(笑)
なんか、良い体験しました
皆さんも、ここに来たら 是非 お茶までいただいてみてください!!

そんな感じで、長屋武家屋敷跡の観光を終えたわけですが
まだ午後までは時間がある…ということで
義弟くんちの方向にある、ひがし茶屋街に行ってみることにしました




すると、天気予報では雨だったはずですが、ここにきて まさかの晴天!
昨日、寒い思いして 兼六園を回ったのは何だったの??ってくらい
素晴らしい天候になりました
でも 土日は 何かイベントが行われているっぽかったので
それはそれで、檄混みだったかもな…と 自分に言い聞かせ(笑)




浅野川沿いは、ロケ地のごとく いい眺めでした
木造の 梅の橋からの景色は 気持ち良かった~
あそこで お花見やりたいです!



路地裏を ひがし茶屋街を目指して歩いている途中
宇多須神社という場所に着きました
金沢5社の一つで、前田利家を祀っているのだとか
この日は結婚式をやっていたので、遠くから見るだけでしたが
式も、桜が満開の時で良かったね!


  そして、ようやく辿り着いた ひがし茶屋街
  加賀藩が、お茶屋さんを集めて整備した街だそうで
  石畳の通路に、格子のついた建物が並んでいて
  とても良い雰囲気の場所でした♪
  
  写真の 麩屋さんで売っていた
  おやつ麩なるものが美味しくて
  つい、大量買いしてしまいましたよ
  ラスクの軽いバージョンみたいで、不思議食感♪







食事処やお土産屋さんが並ぶ中、紅茶のお店を見つけたので寄ってみました
入り口のところに ツバメの巣が出来ていて
器用に のれんをくぐって飛んでくるのが可愛かった!
紅茶も たくさん種類があり、どれにしようか悩むくらい(^o^)
格子越しに見る街並みも とても楽しかったです


  お昼には、金沢名物?カツカレーのお店へ
  こっちではカツカレーが基本みたいです
  私はスタンダードなカレーにしましたが
  辛いのが不得意な私にとっては
  結構 辛めなルーでした…!



そんな感じで、午前中の観光は終わり お義母さんに連絡を取ると
部活から帰ってきた義弟くんは、やはり倒れているということで
再び医者へ、今度は点滴を打ってもらい
その後、買い出しとコインランドリーに走り
前日と同様、家族でゆっくりする暇はなくなってしまったのでした…
この日もお義母さんは泊まりという事で
我々だけ宿に戻り、夕飯を軽く食べ 就寝…
うーん、お義母さんをねぎらう予定だったのに 全くねぎらえてない(笑)
しかも私も まだお腹壊してて、機敏な行動がとれないし
何だかなぁという2日目だったのでした
翌日は帰宅の予定なのですが、いったいどうなることやら??
…完結篇に続く!
スポンサーサイト
EDIT  |  23:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。