2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.04.23 (Mon)

LESSON164

旅行日記を優先させて書いてしまいましたが
土曜日は、超!!久しぶりのレッスンでした 約1か月ぶり???

そんなわけで、さぞかし たくさん練習してあるんだろうな?!
…と思いきや
前回レッスンから すぐに、2週間の風邪
その後すぐに 1週間の腹痛、週末の旅行…と続きまして
ほんっとに 1か月近く、まともに楽器に触れてないという事実(爆)
趣味がヴァイオリンだなどと 口が裂けても言えない状態でした…
久しぶりにケースを開けると、調弦は狂い
音階を弾いても 指が回らない… こ、こんなことって!!(笑)
あまりの退化っぷりに、驚愕したのでありました

とにかく、指使いを思い出そう!!と 半日 弾きつづけ
ようやく 指が動くようになってきたところで、時間切れ
恐怖のレッスン時間になってしまいました…

なんか言い訳しようかと思いつつ 教室に入ると
前の生徒さんも先生も、誰もいなかったので
調弦をして 少し音出しをしていると
音を聴きつけ、すぐに 先生が登場!
言い訳する間もなく、そのままレッスンスタートとなりました

フィオッコのアレグロ、少しテンポを落として弾き始めると
「さっきから聴いてると、1の指が高いんだよね!」
と、初っ端から 音程の注意が!!(@_@)
久しぶりに弾いたので、指が よく開いてないみたいです(爆)
今度は音程に注意しながら、習った部分まで弾いてみると
「…あのね、いいんだけど… もっと動きが欲しいな」
そう言うと、先生も楽器を構えて弾き始めました
「先生の弓の動きをよく見てなさい!」

つまりは、前の曲でも言われ続けていた アクセントと弓の速さ
16分音符のかたまりがあったら、最初の音にはアクセント
しかし、強く!というより 弓のスピードを速めて 長く使うっていうか…
伸ばす音の時も、弓は速く、大きく使い、圧力もかけ
しっかり止めるところは止める!
同じ曲を弾いても、先生の弾き方だと メリハリがあるように聴こえます
それに比べて 私の弾き方は、すべてが一定で 強くもなく弱くもなく
弓の使い方も みんな同じ感じで…
要するに、音楽になっていない!ということですね
「そういう弾き方でいいのは、3巻までですよ!」
うう、それ…毎回言われています… ←進歩がない

正直、指番号なしで この速さで弾くには
まだまだ音符を覚えきれていないところがあり
強弱に意識がいくと もつれまくって、それこそ曲にならないのですが
間違っても、まずは先生の言うとおりにやってみよう!と
先生のまねをしながら弾いていくと
だんだん、それっぽい感じになってきました
「先生のまねしてやれば、すぐに出来るんだから
 家でも そういう風に 練習して来てほしいんだけどね…」
そ、そうですね…(^_^;) ごもっともです
やはり家で練習してるときは 甘えがあるんだと思います…

そんな感じで アクセント、弓の使い方に注意しながら
繰り返し練習しているうちに
この日は このまま 終了の時間になってしまいました(爆)
おいおい、前回から まったく進んでないじゃん…

しかし さすがの先生も 少しお疲れのようで
「こういう 魂込めた弾き方してると、この時間には疲れてきちゃうんだよね…」
そうだよね… 毎回が熱血指導、魂こもってるんだもんね(笑)
そんな風に指導してくれる先生がいるのは 有難いことだと思い
もっと見締めて 練習しなければ、と 改めて思いました

その後、帰り支度をしながら
今日は少し冷えるね…なんて 他愛のない話をしていたら
「あなたも 今日は、綿入れ 羽織ってきてるもんねぇ」
綿入れ…?
あ、ダウンのこと?!(笑)
先生との こういう会話、嫌いじゃないですYO!
スポンサーサイト
EDIT  |  20:39  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。