2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.07.22 (Sun)

LESSON174

ここ数日は、夏とは思えないほどの 涼しい気候でしたね
皆さんは 体調崩したりしていませんか?
私は金曜の朝、出勤前に 腹を壊して 遅刻しました (笑)
暑かった時と いきなり10℃も違うんだもん…
そんな すぐに 身体が追いつかないよね (^_^;)

さて、土曜日は 2週間ぶりのレッスンでした
今回も、外は 寒いのに 汗だくになるくらい 熱い内容でしたよ…
それに この日のレッスンで 色々 言われて 自分でも気づいたことがあり
前回アップした カラオケ練習の音源が かなり恥ずかしく思えてきたので
すぐに撤去したい気分になってます
こうなったら、近々 やり直し音源をアップしないとね…

まあ そんなわけで、以下 詳細です
土曜日は 昼間のうちに 目いっぱい練習してから、時間になり レッスンへ
しかし 3曲同時練習では、1つ1つが仕上がりがイマイチで
今回も これといった進歩がない感じでした
これはどうなのかな~と思いながら 教室に入ると
中では、前時間の生徒とお母さんと先生で 何やら真剣な話し合い中でした
「今だって それほど練習時間は使ってないでしょ?
 バイオリンを休んだからって どれだけ勉強時間が増えるの?」
「ほかの生徒さんは 受験の時は休んでるのかと思って…」
「いや、みんな 休まずにやってますよ!
 それくらいの余裕がなきゃ、どこを受験したって受かりませんよ!」
…ああ なるほど、この子は今年受験なんだね…
ていうか、先生 厳しいっす…!(@_@)
レッスンって、意外と 精神的な負担になるし
ギリギリ合格圏内の子だっているんですからー!!
まあでも、「休んだからって勉強時間が何時間増えるっていうの」ってのは
私にも当てはまる要素なので… なんか胸に突き刺さる(笑)

結局、レッスン時間をずらす話をして 親子は帰っていきました
そのままの流れで、私のレッスンがスタート!(気まずい)
まずは ヘンデルソナタ第4番第1楽章…
しかし、数小節 弾いたところで
「これは もう 終りじゃなかったっけ?!(何故か怒ってる)」
「えっと… 4-1、4-2、4-4を練習してきて
 どれかを 発表会曲にするって話だったんですけど…」
「うーん… でもねぇ、これは 無理だよ
 今は これ以上には弾けないだろうし、もしくは もっと技術が上がってから
 弾いてみてもいいんじゃない?」
がーん!! …い、いや 確かに自分でも そんな風には思ってたけど
だったら何故もっと早く 見切りをつけてくれなかった?!(笑)
まあでも、もし弾くんだったら もっと上手に弾けるようになってからにしたいし…
「わ、わかりました… これはもういいですっ!」
涙をこらえ(?) 、ページをめくる私…
ていうか、こんな形で 第1楽章 終了するのも 何かなぁ (^_^;)

【More・・・】

気を取り直して、第2楽章に入ります
正直、まだ 楽譜を読むので手いっぱいな感じで 無難に弾いていると
前半を弾いたところで ストップがかかり
「まだ 楽譜を読んでるってだけだね もっと こうやって弾けない?」と
先生がお手本を弾いてくれました
うっ… それは自分でもわかっているのですが…
音程や譜読みに自信がなく、つい 音を追ってるだけになってしまいます

しかし、先生にそう言われて 無理にでも 音量や テンポを上げて弾くと
自分でもわかるくらい 音の質が変わるのです
家でもそうやって練習しろと、毎回言われているのにね…
きっと 家では甘えが出て、本気を出してやってないんだな
自分を追い込んでない
あとは、間違いを恐れて 思い切り弾いてないっていうか…
そういうのって 先生には見抜かれてるんだろうなぁ


  そんなわけで、先生がお手本を弾いて
  それについていく感じで、写真のところまでを特訓
  スタッカートのところも、音は切らない
  16分音符のところは 弓が止まらないように
  ある程度 テンポは上げて
  アクセントをつける、などなど
  課題は盛りだくさんです
  後半を見てもらうまでもなく、この楽章は
  次回までの課題になりました…


「あと、なにかやるんだったっけ?」
というわけで、残り時間は 第4楽章です
出だしの f を意識して、頑張ってみたつもりなんですが
今回の問題はそこではなく、16分音符連続の 何ともないようなところ
芯のある音が出せてないってことで 1小節を繰り返し練習でした
自分では それなりな音が出てるつもりでも
先生からしたら、「まだダメ!」「まだ!」と 何度もやり直し…
これはたぶん 移弦する時、弓の圧力が弱まってるんだと思う
かなり意識して デタシェで弾かねばいけないなぁ…




あとは、いつものことながら 3ポジに上がった時の音程
3の指に もっと4の指をくっつけないとダメです!
その辺を注意されながら、繰り返し記号のあるところまで弾いて
今回は レッスン終了となりました
「1曲長く弾くのではなく、短く切り取って そこを重点的に弾くようにしてきなさい」
というわけで、今回も 発表会曲は決まりませんでした
第1楽章は もう無理ってことなので(涙)
残りの2曲を もう少し煮詰めてみて…って感じでしょうか
しかし、どっちも本気で練習するには 時間が足りない…
ん? いや、何時間あっても 本気出さなかったら変わらないか (^_^;)

「でも、最初はだいぶ硬かったのに 言われればすぐに直るんだから
 まあ 大したもんだね」
と珍しく 先生から お褒めいただきました…が
そう、自分の最大の欠点は 『普段から本気出してない』ってところですね
つまり やろうと思えばできるのに やらない
これって、ヴァイオリンに限らず いつもそうだなって思います
レッスンで、自分の生きざまについても 大いに反省させられました(笑)

そんなわけで、今日は掃除が終わったら 真面目に練習しようかな~
スポンサーサイト
EDIT  |  10:47  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

ホント寒い!7月後半でこれはむしろ怖い…っ。お互い体調には気をつけようね♪

追伸(いつもありがとう〜w)
りん |  2012.07.22(日) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

■りんちゃんへ

おおっ、ここへのコメントは久しぶりだね!
ホント寒いよーっ
りんちゃんの足元で寝てる猫3匹を見て癒されてるよ(笑)
お互い 体調に気を付けて、今後のイベントに備えよう!
来週と再来週は よろしくー!

いやいや、あんまり大したことできてないけど
何か私にできることがあればいつでも♪
しのぶ |  2012.07.22(日) 13:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。