2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.10 (Sat)

LESSON88

私にしては珍しく、昼間から頑張って練習すること 3時間…

一向に出口が見えず ←え

レッスン直前の状態…

いい加減 指先も痛くなってきたので 途中から諦め
少し休んでからレッスンに向かう…

教室に着くと、前の女の子が特訓中…
どうやら発表会には 「二人のてき弾兵」 から出るようですが
その曲を 今まさに 頭から習っていました (爆)
「来週はここまでやってきて!
 残りは合同練習の前に見てあげるから、頑張って追いつきなさいっ」
そ、そんな無茶な…!
私も相当なスパルタレッスンだったけど、彼女も 半端ない スパルタ具合だな…!

いや、同情してる場合ではない 私も結構なスパルタ具合なのだった (汗)

レッスンが始まり、ドッペルを弾き始めようとすると
最初から先生が一緒に弾き始めた
…って、速いですがな!!(爆)
(どんくらい速いかは 音源を参考にしてください…)
当然のごとく、途中で何度も落ち 必死に戻っては また落ち…

こうして 最後まで弾き終わると、とどめの一言…
「本番は もっと速いですよ!」
「え!! もっと速いんですか?!(涙目)」
愕然とするワタクシ…
無理…!という言葉が脳裏をかすめた時、先生が話し始めました

今回の発表会、去年お世話になった あの上手なAさんは
子供が生まれるので 出られないそうですが
その次に上手な方 (今はメンコンとかやってるみたいです)が 独奏で出るそうなんです
その方… 仮にBさんが ドッペルを習ったのは 小学生の頃…
当時、1年半かかっても 合格できなかったそうです
あまりに長いこと習わされてるので、親が「どういうことですか?!」と言いに来たくらい
長くレッスンをやっていたそうなんです
「それくらい この曲は 難しい曲なんですよ
 だから まだ習い始めたばかりで、まして 大人から弾き始めた あなたが
 こんな短期間で 弾けなくて当然なんです」

先生も どんだけ スパルタなレッスンしてるのか… 自覚はあるようですね…(笑)
それでも この曲で発表会に出させようとしてる理由って?

「今回の発表会では みんなに ついて行けない部分もあるでしょう
 何度も落ちるかもしれません
 それでも 必死に喰らいついて行く、落ちても 何とか戻ろうとする
 そうすることで きっと成長できるので
 今回は弾けなくても 落ち込むことはないですよ! 次回には弾けるようになります!」

そうか、弾けなくて当たり前… そう思ってくれてるのか
ちょっと安心した… けど
落ちるの前提で 発表会に出るってのも 何となく切ないものが…! (笑)

まあ、過度の期待をされてるよりは 心の負担が減ってよかったです (^_^;)
でも、だからって 練習しなくていいってワケではないんだけどね!!
というわけで、スパルタレッスンの続きです
(つまり スパルタは続く…)

今度は私が弾ける速さで、2ページ目から一人で弾く
細かい音程のおかしなところを修正してもらいつつ 最後まで弾くと
先生がポツリ…
「こんな遅くないと弾けないのか…(溜息)」
だからー! ホント無理なんだって!!!(笑)

この段階で レッスン時間は残り半分…
このままドッペルを見てもらっても良かったけど、他の曲も大いに不安だったので
次は アーモールを聴いてもらう事にしました

【More・・・】

20091010181008  こんだけ弾きこんでる曲でも、人前で弾く時は緊張して
  2、3度 楽譜が頭から吹っ飛ぶ…(笑)
  家ではノーミスで弾けてても やっぱりダメですな!

  特に、最後のチャカチャカ部分… 相も変わらず苦手です!
  ← 写真の部分が 今回もつっかえまくり
  何度も弾き直す羽目に (T_T)

  下のところも、今回は何故か 何度も もつれてしまいました
  思ったとおりに 指が動かない…!(笑)  

先生いわく、
「この前よりは 音が良くなったけど、やっぱり最後が苦手みたいね?
 ここは 前半部分に比べて 弾きこみ量が まだ足りていないので 重点的に練習してきて!」
写真の苦手部分については、
321 321 032 032 103 103 210 1210… と
16分音符の頭の音のが 同じ指番号が2つずつ続くのと
そのあとの音も 1つずつズレて、同じ音形が続くことを理解すれば
そんなに難しいことではないとおっしゃいますが…
そんな考え方の方が 私には 複雑です!! ←え

と言うわけで、この部分 無理して暗譜しなくていいので
いっそ 全部見ながら弾け! もしくは完全に暗譜しろ! と言うことになりました…(笑)
ハイ… では 素直に 見ながら弾かせていただきます!!(弱腰)

アーモールを 結構 時間かけてみてもらったので
レッスンの残り時間は ごく僅かになってしまいましたが
最後に、不安なブーレを見てもらいました


20091010181005  ブーレで注意されたのは
  ここの 小指を伸ばして弾く部分…
  どうにも 音が低くなってしまうため
  ポジションを無視して 一気に小指を伸ばしていいので
  しっかり押さえて弾いたあと
  次の音で すばやくポジションを整える
  その後は、前回も指摘されたけど
  全体的に音が高くなってしまわないように
  2の指は しっかり下げる

  

後半の短調部分は 相当 ヘロヘロな音でしたが、とりあえず合格点を貰いました…
あとは 皆さんとの合奏で どこまでついていけるか…だな!!

ここで時間になってしまったので 今回のレッスンは終了ー!
次回は いよいよ 合同練習… と思ったら
なんと、先生の勘違い?!
次回は普通レッスンで、その次からが 合同練習でした!!(爆)
何だよー! すごい焦って練習してしまったじゃないかぁぁ!!
(いや、それはそれでいいと思うけど… 笑)

ま、まあ あと1回は軌道修正もらえるってことで
少し安心しつつ、引き続き 特訓を進めたいと思います…
スポンサーサイト
EDIT  |  20:10  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。